バンコク リンパマッサージ&理学整体RENEスパの7つの秘密!

お店のご紹介
この記事は約13分で読めます。

バンコクはスパ天国と呼ばれるほど、たくさんのスパがひしめき合っています。

 

そのほとんどが、タイマッサージを主流とするスパになるのですが、最近は日本人が住むエリアでは日系のスパも数多く進出してきております。

そんな中、リンパマッサージ&理学整体 RENEスパはバンコクにあるスパの中では、日本人が全く住んでいないエリアにあり、とても小さな個人店なのですが、お客様の9割が日本人であり遠いエリアからわざわざ通ってくださる常連様が多いという特徴があります。

 

最初、お店を現在のラチャダ地区に開店した当初は、マーケティングの相談をしたいくつかの会社から「場所を変えないととても日本人の集客は無理です」とさじを投げられました。

けれど、地の利が悪くても他で勝負できる道は必ずあると考え、当店は「技術力」と他の店ではやっていないサービスで勝負すると決めました。

このブログでは、そんなRENEスパの特徴をご紹介していきたいと思います。

施術スタッフ全員が国家資格を持つ理学療法士

RENEスパには、施術スタッフが3名、受付スタッフが1名おりますが、施術スタッフの3名がタイの国家資格を持つ理学療法士です。

しかも、3名とも世界的にも有名なホリスティック医療センターにおいて4~6年間、理学療法の他、運動療法や食事療法を始めとするホリスティック医療療法を学んできたベテラン理学療法士です。

タイの理学療法士さんは、日本と違い医学学位を持っていないと国家資格を受ける資格がありません。つまり、必ず4年生の医科大学を卒業していないとけいないのです。

そして、マネージャーのプロイちゃんとチーフのポンちゃんは、タイの医科大学の中ではトップレベルと言われているマヒドン大学医学部を卒業しており先輩後輩の関係です。

 

*マネージャー:理学療法士プロイちゃん30歳(現在:鍼灸師の資格習得のため台湾に留学中)

前職の医療センターでもトップクラスの治療技術を持ち、マネージャーをしていたプロイちゃんは、特に神経系の治療を得意としており、流れるような手技が特徴です。驚くほどの医療知識と技術を持っており、さらに語学にも精通していて、英語、アラブ語等が喋れる、キュートで利発な理学療法士さんです。2018年に体調不良になり医者から体力のいる整体治療を暫く病めるように言われたことをきっかけに、かねてから取りたかった鍼灸師の資格と取ることを決意し、現在台湾に留学中です。そのため、RENEスパでの仕事は現在休業しておりますが、RENEスパのもう1つの事業である黒ガリンガルサプリメント&化粧品販売の関係では、ライセンスの取得や営業面で不定期で働いていもらっています。鍼灸師の資格が取れたらスパの方の仕事に戻ってもらう予定なので楽しみにしていてください。

*チーフ:理学療法士ポンちゃん(29歳)

チーフのポンちゃんは、大学時代、タイでも伝説的な理学療法士の老師に数年学んだ経歴の持ち主であり、彼女の手技は120にも及び、患者さんを自分の手で治すという強い意思を持って治療に取り組むその姿勢は、お客様からとても共感をいただき、皆様に可愛がられている理学療法士さんです。穏やかな優しい性格で、笑顔のとても可愛い子です。とても几帳面な性格であり、1日の仕事が終わると、いつもその日のお客様のカルテを記載していますが、彼女のカルテを見ると、いかに一人1人のお客様に向き合って真摯に治療をしているかが良くわかります。非常に勉強家であり、常に最新の英語の文献等にも目を通している努力家です。英語が話せます。日本語は簡単な単語であれば理解できるので、時々使う片言の日本語が可愛らしいです。

 

 

* 理学療法士エムちゃん(27歳)

そして、2名の先輩から直接指導を受けて来たエムちゃんは、まだ経験5年ですが、非常に手先が器用で丁寧な施術をすることで評判です。理学整体の技術は2名の先輩にはまだまだかないませんが、フェイスマッサージや痩身マッサージでは先輩を凌ぐ技術を持っています。彼女もとても几帳面な性格なので、お店の経理関係の書類作成や帳簿作成などをやってもらっています。また、綺麗好きでお店の掃除・洗濯等は彼女の担当で、下手に手伝うと「Toyoさんは雑だと叱られてしまいます」ちょっとはにかみ屋で口数の少ない子ですが、頑固さと芯の強さは一番かも・・・。英語はヒアリングはOK、日本語も簡単な単語なら理解できますが、シャイなのでどちらも話すのは苦手です。

 

* 受付スタッフチャイちゃん(32歳)・ニッさん(45歳)

RENEスパには、2018年には受付スタッフとしてchaiちゃんとniさんという二人のタイ人女性がいました。

店長のToyoがまだタイ語が上手くないことから、タイ人のお客様の対応をしてもらうために受付スタッフとして交代で働いてもらっていましたが、2019年には当店のお客様の9割が日本人になってしまったことから、現在は当社のもう1つの事業である黒ガリンガル生産・輸出・製造・販売事業の仕事に従事してもらうことが多くなりました。そのため、現在は黒ガリンガル農園にニッさん、製造工場の事務所でチャイちゃんが働いています。二人共、この後に説明させていただくRENEスパの目玉である黒ガリンガル事業にはかかせないスタッフです。

筋肉とリンパのプロが作りあげたオリジナルメニューと最高レベルの技

RENEにはもう一人変ったスタッフがおります。店長のリンパセラピストは、元警察官という変わり種です。

彼女は約20年殺人事件等の捜査現場で働いていた女性刑事なのですが、仕事で携わる解剖や検視業務から人体に興味を持ち、健康管理士や心理カウンセリングの資格を取得するとともに、健康関連のセラピストに転職してしまったという人物です。

タイでは、理学療法専門のホリスティック医療センターでの講師&セラピストとしての勤務経験を持ち、同センターでタイの理学療法を学びました。

彼女は日本で学んだリンパマッサージのテクニックと、医療センターで学んだホリスティック医療の知識と技術をベースとして、RENEスパを経営するようになってから、理学療法とオステオパシー療法を取り入れたフェイスマッサージやリンパ痩身マッサージメニュー等を考案しました。

これらのメニューは理学療法士んさん達と数ヶ月に亘り研究を重ねて改良し、リンパ療法&理学療法の理論と実践データを取り入れた究極のオリジナルマッサージとして非常に高い技術のメニューに仕上がりました。

それが、お顔のフェイスラインを引きあげ小顔にするVシェイプマッサージと、自律神経を整え、眼精疲労や抜け毛を予防するヘッドマッサージ、筋肉を整えながらリンパの流れを改善してセルライトを除去する理学整体&リンパ痩身マッサージ、脳にアプローチして痩せる頭蓋仙骨療法を取り入れた頭蓋骨痩身、疲労改善のためにプロトン水とチタンを使用した遠赤外線・電子チャージマッサージや内臓整体、便秘改善コースや睡眠障害改善コース等、理学療法士がいるからこそ施術可能なメニューの数々なのです。

この筋肉のプロとも言える理学療法士達と日本のセラピストが、リンパや理学療法の理論と今までの経験から研究を重ねて作り上げた数々のメニューと、結果の出る高い技術がRENEスパの第2の特徴です。

美容メニュー - バンコク リンパマッサージ&理学整体スパ RENE
バンコクRENEスパはスタッフがタイの国家資格を持つ理学療法士であることから、美容メニューにも、理学療法のテクニック等をふんだんに取り入れております。フェイスメニューは小顔とリフトアップを目的としていることから、お顔にある筋肉に理学整体でアプローチしていきます。また頭蓋骨からお顔の歪みを矯正していく「頭蓋仙骨療法&上津...
健康メニュー - バンコク リンパマッサージ&理学整体スパ RENE
バンコクRENEスパの健康メニューは、タイの医学学位と国家資格を持つ理学療法士が、理学療法とオステオパシー療法を行っております。 バンコクでは、病院や医療施設以外で理学療法士の施術を受けることができることができる唯一のサロンです。
お悩み別メニュー - バンコク リンパマッサージ&理学整体スパ RENE
お客様の症状、お悩み別にお薦めのメニューをご紹介しております。該当する症状をお探しの上、メニュー紹介ページへとお進みください。

 

安心の低価格

RENEサロンの3つ目の特徴は、安心の低価格です。

いずれのメニューも、他のスパやエステサロン、整体院等に比べても、かなり低料金でご提供させていただいております。

 

また、理学療法士やセラピストがお客様のその日の状態に合わせて追加で入れた手技や、オーバーした時間に関しては追加で料金をいただくようなことは一切ありませんので安心してください。(リンパ痩身やフェイスマッサージの場合、施術中に筋肉の異常が認められた場合は、理学療法士が理学整体の手技により調整させていただくケースが多々あります)

 

よくお客様から「なんでこんなに凄い内容の施術なのに、こんなに安いんですか?」と聞かれますし、同業者からは「ちょっと技術を安売りしすぎじゃない?」とも言われます。

でも、RENEが一番大切にしているのが「お客様満足度」なんです。

 

たとえば、3000バーツ(約1万円)の内容の技術の施術をご提供するとしましょう。

3000バーツの内容の施術を3000バーツで提供したとしても、お客様の気持ちとしては「当たり前」でしかないとRENEは考えます。

でも3000バーツの施術を2000バーツでしたとしたらどうでしょう?

私達がお客様から良くいただく言葉が「こんな凄い施術がこんな値段で受けれるなんて」という言葉です。

この言葉により「お客様は大変満足してくださっている」ということが伝わって来て、私達スタッフのモチベーションも上がります。

このことが、治療家として一番幸せを感じる瞬間でもあり、次のやりがいへと続いていき、もっともっとお客様に喜んでもらえる施術や治療をしたいという思いに繋がっていくのです。

同じ施術をしていても、値段の差でお客様の満足度が変ることは確かです。

なので、できるだけお客様に満足していただけるためにも、RENEではギリギリの価格設定でがんばっておりますそのためクレジットカードでのお支払いの際は、タイのシステムに習い手数料(3%)をお客様から頂いておりますことをご了承ください。

各メニューと料金については、ホームぺ―ジで詳しく紹介しております。

施術メニュー&価格 - バンコク リンパマッサージ&理学整体スパ RENE
バンコクRENEスパは「美と健康」をテーマとしたウエルネススパであることから、メニューも「美に関するメニュー」と「健康に関するメニュー」の2つの柱に分かれております。どちらも、タイの国家資格を持つ女性理学療法士がメインとなり施術を行います。RENEスパの施術は年齢、性別を問いません。

全てのメニューに遠赤外線療法を取り入れています

スタッフ全員が、ホリスティック医療に従事していた経験から、遠赤外線治療が素晴らしい療法であることを実感しているため、全てのメニューの施術において、遠赤外線を発生させる温熱治療器を併用させていただいております。

遠赤外線を多量に発生させることができる溶岩石を砕いた特殊繊維で作られた温熱治療パットは、同時にマイナスイオンも発生させることからとてもリラックス効果が高く、施術を受けていただいている間に自律神経を整えることができます。

また、遠赤外線の効果により体温が上昇することにより、細胞、ホルモン、酵素、コラーゲンを含め体のあらゆるものを修復してくれるヒートショットプロテインを増やすことができるため、体の不調等の完全にも効果があります。

さらに、皮脂腺から汗を出すため(通常は汗腺からしか汗は出ません)、体内の毒素や老廃物を汗と共に排泄する役割もあります。

遠赤外線の数々の優れた効果を、美と健康をテーマに考えるRENEでは積極的に取り入れております。

 

   >>遠赤外線(温熱治療)の効果についてはこちらを参照

「体の冷え&むくみ」を取るバンコクRENEスパの遠赤外線療法
1 RENEスパで行っているメニュー 現在RENEスパが皆様にご提供しているメニューは、ベースとして ① 理学整体(これはタイマッサージのような癒し系のマッサージではなく国家資格を持つ理学療法士が行う治療になります) ...

 

糖化・酸化ケア 「黒ガリンガル」商品の使用と販売

RENEは、東南アジアが原産地となる糖化&酸化ケア植物である生薬の「黒ガリンガル」を京都大学や同志社大学生命科学科抗糖化リサーチセンターと共同し、抗糖化・抗酸化サプリメントや化粧品を開発している日本のサプリメント・化粧品製造販売メーカーです。

そのため、当店での施術に使用するプロダクトは黒ガリンガル商品(生体水・美容液・クリーム等)を使用しております。

特に、黒ガリンガル生体水化粧水は、黒ガリンガルの細胞から抽出した細胞水そのものであるため、防腐剤や香料等も一切入っていない、目に入れることも、飲むこともできるという世界初の100%オーガニックな化粧水になります。

黒ガリンガルは「山の神様の贈り物」と言われており、特許製法で抽出した黒ガリンガル生体水にはアミノ酸18種類の他、アントシアニンやポリメトキシフラボノイド、クルクミン等のポリフェノールを多量に含まれており、同志社大学生命科学科抗糖化リサーチセンターでの研究の結果、酸化だけでなく糖化を抑制する驚くべき作用が確認されています。さらに、黒ガリンガルの抗糖化成分については、その効果が2016年に学会でも発表され、さらに2019年に糖化ケア成分として特許を取得しているすぐれものなのです。

現在、老化の原因で怖いのは「酸化」ではなく「糖化」であることが非常に注目されていますが、世界ではまだまだ糖化化粧品の開発は希少であり、化粧品の原料として使われる糖化ケア天然成分としては、東南アジアが原産地の「黒ガリンガル」は、世紀の発見とまで言われるほど価値のあるものなのです。

そんな抗糖化・抗酸化化粧品でお肌をケアできるのは、バンコクではRENEスパだけになります。

>>黒ガリンガルの詳細に関してはこちらを参照してください

https://rene-thailand.net/抗認知症・抗糖化素材として特許を取得した「黒/

運動療法やタイの食事療法を指導します。

理学療法の治療の中には、理学整体の他に運動療法や食事療法があります。
理学整体の治療以外のお客様にも、自分でできる運動や、食事療法の指導をさせていただいております。

特に、異国タイでは、食事に関しては日本にはない素晴らしい成分を持つ食材が沢山ありますし、また体の状態によってはあまり摂取してはいけない食材もあります。日本人にはわからないタイ独自の食材等についても理学療法士が詳しく説明指導させていただきます。

また、日本人セラピストも日本の健康管理士の資格を持っておりますので、健康管理についての指導をさせていただいております。
相談・指導については、もちろん無料ですので、ご気軽に質問してください。

施術前にプロトン水をお出しします。

バンコク リンパマッサージ&理学整体RENEスパでは、全ての施術を行う前に、プロトン水(解離水)を飲料いただいております。

プロトン水とは、少し特殊な水であり、ミネラルウォーターではなく、水に雷レベルの強い電気を与えて素粒子レベル(陽子)にした水のことです。

 

少し前から「水素水」が活性酸素を除去するということで話題になり、水素が含まれた飲料水や化粧品なども様々なメディアで取り上げられ注目されていました。

しかし、この水素水の上をいく水として、今世界中で注目されているのが、「解離水=プロトン水」なのです。

医療の現場でも使われているほどの凄い水であり、カルシウムやミネラルが豊富に含まれており、抗酸化作用が高く活性酸素を除去します。

 

さらに、液体自身が還元電子を持っているのが特徴であり、水が電気分解されて、最も人間の体液に近い酸化還元電位(-250mV)に安定したものがプロトン水(解離水)なのです。

そして、この解離した水は電子が動きやすく(電気が流れやすくなる)反応性の高い水になります。
言いかえれば、反応性の高い水を飲むことで、例えばビタミンCだと、体内に貯蔵されているビタミンからも抗酸化作用を引き出すことができるのです。

解離が進めば進むほど、反応性や機能性が高まる、つまりエネルギーとしての動きが強くなっていきます。

 

著しく解離した水を細胞内に取り入れることで、人間の三大機能として元々備わっている
1 免疫力
2 酸化還元力
3 解毒排出力
を高めることができます。

 

そんなことから、RENEでは施術の前にプロトン水を飲料していただき、施術の効果をより高めることに努めております。

>>プロトン水の詳細についてはこちらを参考にしてください

ページが見つかりません。 - バンコク リンパマッサージ&理学整体スパ RENE

 

お問合せ・ご相談等をお待ちしております。

どうですか?

ちょっぴり変わったスパでしょ?

とても小さなスパなので、一度に施術できるお客様は限られていますが、その分とても丁寧に施術をさせていただいております。

店長を含めプロ意識がかなり高いのですが、プライドは高くないのもRENEスタッフの特徴です。

なので、どなことでも気軽にご相談いただければ、出来る限り対応させていただきます。

(ご相談、お問合せ・予約についてはライン rene8484で受け付けております。*営業時間外・定休日や臨時休業日は即時に対応できないケースがありますのでご了承ください)

 

「お客様満足度」をメインテーマとしているので、お客様を満足させられなけいのは自分達の力不足だと捉え、必ず次の施術へとつなげるように努力していますので、もしご不満な点がございましたら、その際も是非ご指摘等のご連絡をお待ちしております。

お店のご紹介
バンコク リンパマッサージ&理学整体スパ RENE
小顔&リフトアップマッサージ、リンパ痩身、理学整体、内臓整体、頭蓋仙骨療法、頭蓋マッサージ、チベット式足裏温灸マッサージ等「美と健康」をテーマにしたオリジナル施術をご提供する日系スパです。スタッフはタイの国家資格を持つ女性理学療法士です。
この記事を書いた人
「バンコクリンパマッサージ&理学整体スパ RENE」店長 Toyo

元奈良県警の女性刑事から転職した変わり種セラピスト(大阪出身奈良県在住、現在バンコク在住)

20年間強行班係(殺人・強盗・強姦等の凶悪犯罪を取り扱う係)の刑事として仕事をしてきたため、検視や解剖業務に携わることが多く、人体や健康に非常に興味を持ち解剖学や生理学等の勉強に励み、健康管理士や心理カウンセラーの資格も取得しました。

その後、友人や同僚等、家族などを相次いで癌や心筋梗塞等で亡くしたことをきっかけに、健康関連の仕事をしたいと考えるようになりました。そして、友人が健康食品&化粧品製造会社であるRENE(レーネ)を起業する際にスカウトされて転職を決意しました。

タイにはサプリメントや化粧品の原料となる「山の神様の贈り物」と呼ばれる黒ガリンガルを買い付けるためにやってきましたが、本格的に黒ガリンガルの輸入を開始するためタイで会社を設立することとなり、その際、会社の事務所と併設したリンパマッサージスパを開店しました。

しかし最初はタイ語ができないこともあり、タイ人スタッフに翻弄さる日々が続き、騙されたり、お金を盗まれたり、お客さんが来ない日が続いたり…と、ハチャメチャなスパ経営を行っておりましたが、1年後にはタイで有名なホリスティック医療センターのオーナーに、取得している資格や知識、リンパセラピストとしての技術が認められ、同センターに招かれることとなりました。そこで日本式のリンパマッサージの技術指導に当たるとともに、世界最先端のホリスティック医療や理学整体を学びました。

現在は再びRENEスパに戻り、ホリスティック医療センターで学んだ知識を活かして、国家資格を持つ理学療法士達と共に、リンパマッサージと理学整体をメインとした数々のオリジナル施術を考案し、「美と健康」をテーマとした施術をみなさまにご提供しております。

スパを経営するまでの詳しい経緯はこちら

RENEブログをフォローする
RENEブログをフォローする
バンコクのリンパマッサージ&理学整体スパ・RENE(レーネ)のブログ
タイトルとURLをコピーしました