私達が体内に貯めこんだ毒素はどれくらい?それはどこから排出されるの?

デトックス
この記事は約7分で読めます。

現在、連載でデトックス記事をご紹介させていただいておりますが、前回は、デトックスの話をするうえで、先ず、体に蓄積されている「毒」につて、ご紹介させていただきました。

でも・・・

もし私達の体内に毒が蓄積されていたとしても、目に見えるものでもなく、あまりピンときませんよね~

そこで・・・今回は

「本当に私たちの体は毒にまみれているのか」

という実験をされた方がいらっしゃるので、その実験データを紹介したいと思います。

有害金属の種類

まずその前に、毒の代表としてあげられる「有害金属」について、先に紹介しておきますね。

 

1.カドミウム:タバコ、大気汚染、土壌

2.水銀:魚介類、破損した水銀体温計、歯の詰め物、ワクチン

3.鉛:鉛を使用した水道管、おしろい(含鉛白粉)

4.ヒ素:魚介類、海草類、井戸水、温泉水

5.ベリリウム:大気汚染

6.アルミニウム:食品添加物、古いアルミ缶や調理器具、ベーキングパウダー、ワクチン

上記6種類が有害金属と呼ばれるものになります。

有害金属の蓄積量の検査結果

有害金属の検査方法には「毛髪検査」と「尿検査」の2種類があるそうです。

 

上符正志院長は、

有害金属を排出させる作用のあるサプリメントを飲み、一定期間の尿を採取して検査する「尿誘発検査」

を実施されました。

 

その結果が、とんでもない数値を示していたのです!!

 

★ 49歳の女性の体内からは

1 水銀  67   (基準値4)

2 鉛    20   (基準値2)

3 ヒ素  310   (基準値117)

4 カドミウム 2  (基準値1)

5 アルミニウム 3.5  (基準値35)

6 タリウム1.1 (基準値0.5)

 

★ 50歳男性の体内からは

1 水銀 8.7  (基準値3)

2 鉛   4.6  (基準値2)

3 ヒ素  110  (基準値108)

4 カドミウム 0.6 (基準値0.8)

5 アルミニウム 1.2 (基準値25)

6 タリウム 0.3 (基準値0.5)

 

★ 46歳男性の体内からは

1 水銀 3.1 (基準値3)

2 鉛   5.7 (基準値2)

3 ヒ素 45 (基準値108)

4 カドミウム0.8 (基準値0.8)

5 アルミニウム 4.4 (基準値25)

6 タリウム 4.4(基準値0.5)

 

体内に取り込まれた毒素はどこから排出されるの?

人体に取り込まれる毒素は、先ずは体内に取り込まないことに気をつけるのが大切です・・・。

けれど、知らないうちの取り込まれてしまった毒素は、少量であれば、ほとんどが肝臓の解毒作用により体外に排出されます。

 

では、肝臓で解毒された毒素って、いったどこから体外に排出されるのでしょうか?

 

毒素を体外へと排出してくれる場所には

「尿」「便」「髪」「汗」「爪」

の5つがあります。

① 尿(20%排出)

毒素の約20%は尿から排出されます。

尿85%は水分であり、残りが有害ミネラルや過剰なビタミン、塩分などです。

 

② 便(75%排出)

なんと、毒素の75%は便で出ます。

毒がたまると宿便が残るため、ますます毒の排出が難しくなると言われています。

 

③ 髪(1%排出)

髪は全身に行き渡った後の余った栄養で作られます。

そのため、身体の中と同じミネラルバランスになっており、身体の好調、不調を表すバロメーターとなるパーツです。

 

④ 汗(3%排出)

尿で排出されない有害物質を排出してくれるのが汗です。

しかし汗腺から出る普通の汗では有害物質を排出できません。

有害物質を排出してくれるもう1つの汗腺である皮脂腺から汗を出す必要があります。

 

汗腺は身体の温度調整をするために汗を出します。通常、私達がかく汗はこの汗腺から排出されています。

有害物質を排出してくれる皮脂腺からは普段汗は出ず、マラソンや激しい運動を長い時間続けないと出ないと言われています。

 

けれど、遠赤外線を浴びると、皮膚の下の細胞分子を遠赤外線が揺らして熱伝導を起すため、皮脂腺から汗が出るようになります。

そのため遠赤外線サウナや、岩盤浴等は有害物質を排出してくれるデトックス効果が素晴らしいのです。

 

バンコクRENEスパでも、施術には遠赤外線温熱パットを使用することで、皮脂腺から汗をかいていただき毒素を排出してもうらようにしております。

 

⑤ 爪(1%)

意外なようですが、爪からも体内の有害物質がゆっくりち排出されています。

 

体内毒素と体外毒素の違い

こうしてみていきますと・・・

私達の人体にかかせない生理現象である尿や便で、毎日しっかりと毒素は排出されていることがわかります。

 

けれど、この毒素の処理能力には個人差があります。

なので、上のパーセンテージ通りに、全ての人が体外に便や尿等により毒素を排出できているかというと・・・そうではないのです。

十分に働かないことこれらの毒素は体内に蓄積されていきます。

 

少し話を戻しますが、私達が外から取り入れる体外毒素の他に、身体の中で発生する体内毒素というものがあります。

 

私達が日常生活を送るには、すべてエネルギーが必要です。

このエネルギーを作り出しているのが、38兆個あると言われている細胞の中のミトコンドリアです。

ミトコンドリアが作り出したエネルギーを使い、私達は生活をしているわけなのですが、細胞がエネルギーを生産する際には、エネルギーの燃えカスである体内毒素が発生します。

 

体を維持するためにどうしても生まれてしまうのが体内毒素なのです。

 

代表的なのが乳酸や乳酸です。

乳酸は、運動とかでエネルギーを作り出すときに出る燃えかすです。

乳酸は、たんぱく質を分解する時にできるたんぱく質の代謝産物です。

さらに、ストレス等の心因的なリスクを抱えたときにも毒素が発生します。

 

この発生する体内毒素は人により種類が違い、これをうまく処理できないと、体内に毒素が溜まってしまい、溜まった場所が病気になりやすい環境になっていきます。

 

つまり・・・

健康に生活できている人と病気になりやすい人の違いは、その体内毒素の処理能力の違いが関係しているのです。

 

そして、前回までで勉強した体外毒素は、体の外から取り込んじゃう毒素のことです。

食べたり、飲んだり、呼吸したりすることで取り込んでしまいます。

 

*水銀やアルミニウム、鉛、カドミウム、ヒ素などの有害ミネラル(金属)や農薬、合成添加物(化合物)、薬物、芳香剤、殺虫剤、除草剤、消毒等の化学物質

*排気ガス等の大気汚染

*目に見えない電磁波

等、数え切れないほどあります。

 

でも本来、人の体は体内で作られたり取り込んだりしたこれらの毒素を放ったらかしにはしなくて、ちゃんと排泄するシステムが備わっているのですが・・・

あまりにも排泄する毒素が多岐多様化されてきたため、排泄の処理能力が人によっては、追いつかなくなってきているのです。

 

通常は、きちんと処理された毒素は、便や尿、または汗や呼吸を通して速やかに体外に排出されます。

しかし、その処理能力が低いと毒素を、体外に排出することができず、体内の血液循環の滞っている場所に集まってしまいます。

 

そして、それらの毒素が集まって滞った場所が病気になると考えられているのです。

 

そんなことから現代は・・・

排泄しなければならない毒素が多すぎるか

肝臓が解毒したことがない未知の毒素なのか・・・等、

 

様々な原因で、その優れた肝臓の解毒システムが阻害されている可能性があるわけなのですが、普通はどのように肝臓で解毒されて体外に排泄されるのかについて知っていただくために、次回は肝臓の解毒システムについてご紹介したいと思います。

h2 align=”left”>バンコク リンパマッサージ&理学整体スパRENEのデトックス療法

バンコクリンパマッサージ&理学整体スパRENEでは、遠赤外線療法

① リンパマッサージ

② 副腎マッサージ(電子チャージマッサージ)

③ 内臓アプローチ(内臓整体&腸揉みマッサージ)

等を組み合わせたデトックスメニューをご提供しております。

 

その中でも、特に疲労回復コースが人気メニューとなっております

疲労回復メニュー(身体のだるさ・慢性疲労・冷えむくみ取り) - バンコク リンパマッサージ&理学整体スパ RENE
1週間以内の疲れはバンコクRENEスパの次のメニューで改善(疲労回復)できます​。1週間以上続く疲れの場合は、病気が潜んでいる可能性があるので、先ずは内科の受診をお勧めいたします。また、1ヶ月以上疲れが取れない場合(慢性疲労)は、ストレス等からくる精神的な病気の可能性もあります。心療内科への受診をお勧めします。
デトックス
バンコク リンパマッサージ&理学整体スパ RENE
小顔&リフトアップマッサージ、リンパ痩身、理学整体、内臓整体、頭蓋仙骨療法、頭蓋マッサージ、チベット式足裏温灸マッサージ等「美と健康」をテーマにしたオリジナル施術をご提供する日系スパです。スタッフはタイの国家資格を持つ女性理学療法士です。
この記事を書いた人
「バンコクリンパマッサージ&理学整体スパ RENE」店長 Toyo

元奈良県警の女性刑事から転職した変わり種セラピスト(大阪出身奈良県在住、現在バンコク在住)

20年間強行班係(殺人・強盗・強姦等の凶悪犯罪を取り扱う係)の刑事として仕事をしてきたため、検視や解剖業務に携わることが多く、人体や健康に非常に興味を持ち解剖学や生理学等の勉強に励み、健康管理士や心理カウンセラーの資格も取得しました。

その後、友人や同僚等、家族などを相次いで癌や心筋梗塞等で亡くしたことをきっかけに、健康関連の仕事をしたいと考えるようになりました。そして、友人が健康食品&化粧品製造会社であるRENE(レーネ)を起業する際にスカウトされて転職を決意しました。

タイにはサプリメントや化粧品の原料となる「山の神様の贈り物」と呼ばれる黒ガリンガルを買い付けるためにやってきましたが、本格的に黒ガリンガルの輸入を開始するためタイで会社を設立することとなり、その際、会社の事務所と併設したリンパマッサージスパを開店しました。

しかし最初はタイ語ができないこともあり、タイ人スタッフに翻弄さる日々が続き、騙されたり、お金を盗まれたり、お客さんが来ない日が続いたり…と、ハチャメチャなスパ経営を行っておりましたが、1年後にはタイで有名なホリスティック医療センターのオーナーに、取得している資格や知識、リンパセラピストとしての技術が認められ、同センターに招かれることとなりました。そこで日本式のリンパマッサージの技術指導に当たるとともに、世界最先端のホリスティック医療や理学整体を学びました。

現在は再びRENEスパに戻り、ホリスティック医療センターで学んだ知識を活かして、国家資格を持つ理学療法士達と共に、リンパマッサージと理学整体をメインとした数々のオリジナル施術を考案し、「美と健康」をテーマとした施術をみなさまにご提供しております。

スパを経営するまでの詳しい経緯はこちら

RENEブログをフォローする
RENEブログをフォローする
バンコクのリンパマッサージ&理学整体スパ・RENE(レーネ)のブログ
タイトルとURLをコピーしました