究極のアンチエイジングコース「幹細胞フェイシャルコース」を開始しました

フェイスマッサージ
Family generation green eyes genetics concept
この記事は約12分で読めます。

自分の体内で幹細胞を増やす「究極のアンチエイジングフェイシャルコース」が登場しました!

 

このコースは、皆さんも一度は耳にされたことがある「幹細胞」を自分の体内で増やすことが可能なパッチ型の医療器具を使用し、さらにアンチエイジング成分として注目されている「MNM」「糖化改善黒ガリンガル」「CBDオイル」等のプロダクトを使用して行います。

超贅沢な再生科学技術を盛り込んだアンチエイジングコースとなっております。

 

さらに、マッサージについては、当店で根強い人気がある「小顔矯正フェイシャルコース」で行っている「日本式深層リンパマッサージ」「小顔矯正ディープティッシュマッサージ」「筋膜リリース」「頭蓋仙骨療法」といった、訓練を積んだ理学療法士やオステオパシー療法士が持つ高度な技術で実施していきます。

 

ということで、使用するプロダクトも施術の技術もとても高度な当コースについて、ご紹介していきたと思います

幹細胞って何?

近年、アンチエイジング治療は著しく進化しており、再生医療の技術を応用することで、細胞レベルで老化を予防できるようになりつつあります。

その中でも、特に注目されているのが「幹細胞」です。

Embryonic stem cells , Cellular therapy

 

幹細胞というのは、

再生医療分野で使用される技術のひとつであり、「自分以外のどんな細胞にもなれる」という特徴を持った細胞のことをいいます。

 

通常の細胞は自分自身と同じ性質を持つ細胞にのみ分化することができますが、幹細胞であれば、自分以外の細胞にも姿を変えることができます。

例えば、骨の細胞は骨になることはできても血液になることはできませんが、幹細胞であれば骨にも血液にもなることが可能なのです!!

Information poster on human stem cells illustration

 

この技術を応用したものが再生医療であり、細胞そのものを再生させる、究極のアンチエイジングとして、数年前から美容業界、予防医学業界等で研究が重ねられ、様々な商品開発が行われているのが現状です。

 

現在、「幹細胞入り化粧品やサプリメント」が数多く販売されていますが、実はこれらは幹細胞自体が入っている訳ではなく、培養上清が含まれています。

というのも日本では、化粧品には、幹細胞が含まれているものは使えない」薬機法に定められているからです。

 

けれど、細胞を培養したときの培養上清は細胞を含まないことから用いる事ができるため、「幹細胞化粧品」として宣伝されている多くは、この幹細胞上清液が使われているのです。

 

培養上清の成分を化粧品に配合すれば肌に効果がある、と考えられており、現在様々なメーカーが幹細胞の培養上清内の有効成分を製品化しようとしています。

これらの成分によって、スキンケアの能力が高い化粧品の開発が可能と考えられており、競争の激しい分野になっているのです。

 

一方、化粧品に有効な成分を産生する能力が幹細胞にどれくらいあるのかも問題とされており、実際に効果の高い幹細胞上清液を使用した化粧品を生産するには、非常に高度な技術が必要とされているため、おのずと製造された商品も高額なものとなっているのです。

 

ところが・・・幹細胞に関しては、外から取り入れるのではなく体内で作り出すことが可能です。

 

体内に存在する「銅ペプチド」というミネラルを活性化することで、幹細胞を増やすことが可能であるといわれており、そのため現在は、多くの化粧品会社やサプリメント会社では、銅ペプチドを体内で増やす研究が行われています。

つまり、外から注入するのではなく、体内で幹細胞を増やすという点に注目したのです。

 

外から幹細胞を注入するのではなく体内で作り出す最先端再生科学技術

アメリカのサンディエゴに本社を置くライフウェーブ社は、20年近い研究を経て、外から幹細胞を入れるのではなく、自分の体内で増やすことができる技術開発に成功しました。

その再生科学技術により開発されたのが貼るだけでOKの持ち運びができるわずか直径3㎝の医療器具です。

 

ライフウェーブ社のCEOでもある「デイビット・シュミット博士」は、エイジング科学と再生科学の分野で30年以上のキャリアを積んだテクノロジー界の有名な発明者です。

 

子供の頃からトーマスエジソンに憧れたデイビット博士は、技術開発の分野に従事し、元素の新たな合成方法のデザイン、プレードレスタービンの概念、燃料式ロケットエンジンの試作など多岐に渡る分野で活躍しました。

それらのアイデアが評価され、海軍の次世代型小型潜水艦の開発に参加しました。

興奮剤や他の化学物質使用せずに、軍人が高いエネルギーレベルとスタミナを維持するための研究を重ねました。

この研究で効果的でありながら副作用や健康への悪影響がない方法への探求心がパッチ開発を成功に導いのたです。

 

そして、その後これらの経験を生かして、身体本来が持つ能力を最大限に生かし、健康を維持できるための製品提供をめざして2004年にライフウェーブ社を設立しました。

 

ライフウェーブ社のテクノロジーは、指圧と最先端の科学原理に基づいて、人間の体に備わっているエネルギーやスタミナを引き上げる方法を模索しました。

 

そして、何年にも及ぶ研究の結果、年齢を逆転させる画期的な製品が「ライフウェーブパッチ」です。

これは成分が体内に侵入しない(非経皮吸収性)方法で、健康をサポートできる非常に安全な製品になります。

 

パッチは、体の特定の場所に貼り、パッチの種類と貼る一によってさまざまな効果が期待できます。

これらのパッチは、世界中で再生科学および技術の分野で130件以上の特許を取得し、さらに現在も多くの特許が出願中です。

うち70件は再生テクノロジーの分野に属しており、これらの研究を裏付けるさまざまなエビデンスが発表され、多くの賞を受賞しています。

 

また、現在ライフウェーブパッチは、世界中の多くのプロアスリートに愛用されており、指示されています。

 

 

そして、この革新的再生科学技術により生まれた数々のパッチの中でも「X39」というパッチは、体内で自ら幹細胞を増やすことができる画期的な製品です。(ライフウェーブ社のパッチに興味のある方は、バンコクRENEスパにお問合せください)

この「X39」というパッチがどれほど凄いかについて、ご紹介したいと思います

 

再生科学技術で幹細胞を増やすことが可能となった「X39」とは?

ライフウェーブ社の製品の高度な技術革新の象徴として、「幹細胞」を活性化するパッチであるX39は、「ウェアラブル光線療法装置」として特許を取得しています。

 

このパッチは

人間の体から発せられる遠赤外性による光線波動が、特定の周波数の共鳴作用によって、細胞内で銅ペプチド(銅結合GHK:グリシル-ヒスチジル-リジン)を生成して幹細胞を活性化させます。

銅ペプチドというのは、人の血液および唾液中に存在し、組織を修復して若返らせる作用がある物質です。

体中の様々な細胞を活性化し、細胞レベルでの体の修復を若い時のように迅速に促し、健康体へと導いていくことが可能なのです。

X39の特徴 | ライフウェイブ パッチショップ
X39の特徴 過去10年にわたり、カリフォルニア州サンディエゴにあるLifeWaveの私自身と研究チームは、人体がけがをした後の治癒を劇的に加速するための新しい方法を調査してきました。私たちが生み出した発見と発明は、再生科学の分野で70を超える世界特許をもたらしました。

 

このパッチを当店自慢の「アンチエイジングフェイシャルコース」の中で使用し、さらにアンチエイジング成分として注目されているMNMや、糖化改善の黒ガリンガルハーブ、CBDオイル等を加えて使用しておこなうのが、「幹細胞フェイシャルコース」になります。

アンチエイジング(リフトアップ・美肌)コース (バンコク リンパマッサージ&理学整体スパRENE) - バンコク リンパマッサージ&理学整体スパ RENE
バンコクRENEスパのアンチエイジングコースは、たるんだ筋肉を引き上げ、お肌に電子をチャージして生体電流を整え、お肌を還元させる施術をする、アンチエイジングを目的としたコースです。私達が年を重ねていくとシミやシワができるといった外側からの変化だけでなく、内側にある筋肉の状態も大きく様変わりしていきます。

 

幹細胞が増えるだけでもすごいのに、さらに、このコースには、優れたアンチエイジング成分プロダクトを贅沢に使用しています。

次は、使用するアンチエイジングプロダクトについて紹介していきますね。

 

話題の若返り成分「MNM」って何?

幹細胞と同じように、最近よく耳にするようになったのが「MNM」という言葉です。

 

NMNとは

ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチドのことです。

 

ビタミンのようなもので体内のすべての細胞に分布している成分になります。

 

体内にあるNMNは歳をとるにつれて伴って減っていきます。

そしてNMNは体内でNADという成分にさらに変化するのですが、このNADが減ると老化現象が起こるのです。

 

このNMNが含まれたサプリメントや化粧品が近頃で話題になっています。

NMNはサプリや化粧品以外でも点滴などで摂取することもできます。

 

なぜNMNを摂取することで体が若返るのでしょうか?

それはNMNが長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)を活性化させるからです。

サーチュイン遺伝子の説明(参考)☟

腸と筋肉を健康にする源九郎トヨの健康塾 on Instagram: "最近〇〇遺伝子やら〇〇ホルモンという単語を良く耳にするので、何が何やらだんだんと分からなくなってきておりますが・・・・ また1つ「長寿遺伝子」というのを、今回はご紹介したいと思います。 細胞の死滅を防止することで老化を遅らせ、若さを保つ働きがあるのが「サーチュイン」という名前の長寿遺伝子です。 この遺伝子が活性化されると、生物の寿命が延びると言わ定るんですよ~!! 以前にご紹介した長寿ホルモン 「DHEA」についても、とても興味深くて、なんとかお友達になりた~いと恋焦がれておりますが、また1つ、お友達になりたい方が増えてしまいました。 サーチュイン遺伝子の活性化でヒストン脱アセチル化酵素である「サーチュイン」が合成されるそうなのですが、この酵素がタンパク質のヒストンとDNAの結合に作用して、遺伝的な調節を行うことで寿命を延ばすと考えられいるそうです。(難しすぎてよくわからない・・) 2003年に米国のマサーチェッツ工科大学のレオナルド・ガレンテ博士は、酵母から「Sir2(サーツー)」という遺伝子を単離して、この物質がサーチュインというたんぱく質を合成していることを明らかにしました。 人では現在「SIRT1」から「SIRT7]までの7種類が存在することがわかっています。 なかでも「SIRT6]はシワなどの皮膚の老化や、背中が曲がるなどの見た目の老化と関係が深いことがわかってきました。 サーチュイン遺伝子による寿命延長効果は、酵母や線中、ショウジョウバエで確認されていますが、人では否定する報告もあり、まだまだ確定されるまでには至っていないそうです。 むしろ、寿命延命以外の作用が注目されており、「SIRT1]遺伝子は、記憶に関与していることが明らかにされ、アルツハイマー病や筋委縮性側索硬化症の治療に応用されています。 サーチュインという遺伝子は、すべての人が持っているそうですが、普段の生活では不活性であり、この長寿遺伝子をはたらかせるにはスイッチを押す必要があります。 長寿遺伝子のスイッチを押す方法は3つあり、1つ目はやはり適度な運動をすることです。 2つめはカロリー制限、3つ目は、長寿遺伝子を活性化させる抗酸化成分「レスベラトロール」を摂取することです。 長寿遺伝子は年齢に関係なく働くのが特徴で、この3つをうまく活用して長寿遺伝子のスイッチを押すことが必要です。 3つとも意外と簡単方法なのでびっくりしましたが、この中でも特に運動に関しては、激しい運動をする必要はなく、じんわりと汗ばむくらいの運動で良いそうです。 ただし、具体的にはインターバル速歩やHITなどのように、「ゆっくり歩く」と「早く歩く」を3分交互に繰り返したり、心拍数を上げる筋トレを20秒行った後、20秒休むを3回交互に繰り返す等の方法が効果があります。 激しい運動を続けると、体中に活性酸素が増えてかえって老化を促進させますが、この方法であれば、心肺機能が高まり、筋力をつけながら効率よく脂肪を燃やして、肉体年齢を若くできます。 長寿遺伝子を活性化する最も簡単な方法は、やはり運動により筋肉を収縮させることです。 やはり健康には、すべて運動が欠かせないですね。 #腸活 #ファスティング #ボーンブロスファスティング #間欠的ファスティング #アンチエイジング #ハンコク整体院 #ハンコクマッサージ #リンハマッサージ #痩身 #タイエット #内臓整体 #腸揉み #お腹痩せ #長寿遺伝子 #姿勢改善 #サーチュイン #予防医学 #便秘解消 #冷えむくみ改善 #健康 #ヘルスケア #バンコク"
腸と筋肉を健康にする源九郎トヨの健康塾 shared a post on Instagram: "最近〇〇遺伝子やら〇〇ホルモンという単語を良く耳にするので、何が何やらだんだんと分からなくなってきておりますが・・・・ また1つ「長寿遺伝子」というのを、今回はご紹介したいと思います。 細胞の死滅を防止することで老化を...

サーチュイン遺伝子は寿命や病気のなりやすさに関わる遺伝子であり、活性化することで身体機能が改善します。

サーチュイン遺伝子の説明(参考)☟

腸と筋肉を健康にする源九郎トヨの健康塾 on Instagram: "「長寿遺伝子」と聞くと、個人的にはすぐに飛びつきたくなる興味津々の遺伝子ですが、この遺伝子のスイッチをオンにする方法があるそうです。 長寿遺伝子は細胞の中になり、人では10番目の染色体に存在しています。長寿遺伝子は細胞の中で眠っていて、そのままでは足らくことはないそうです。 「なんと・・・眠ったままにさせておくなんて、そんなもったいないこと!!なんとか起こさないと~」ということで、どうやったら起こすことができるのでしょうか? ということで、前回、長寿遺伝子を起こすためには、運動が必要だということをご紹介しました。 今回は2つめの方法である「カロリー制限」についてご紹介したいと思います。 ただ、この方法は運動のように簡単にはいきません。 例えば高齢者で問題になるのは、むしろタンパク質の不足なので、カロリーをもっと摂らないといけない方もいるからです。 なので、不足しがちな栄養素を摂りながら、年齢や生活リズムに合わせて、必要なカロリー内に抑えて食事をする・・ということが必要になってきます。 最近の研究では、メタボリック症候群の人は、長寿遺伝子が活性化されていないことがわかってきています。つまり、食べ過ぎはいけないということです。 やはり腹八分目というのは、とても大切なことなんですよね! 食べ過ぎると、ミトコンドリアが活性酸素を放出するようになりますが、逆に腹八分目にすると、ミトコンドリアは活性酸素を抑制するような物質を出すようになるらしく、この物質が長寿遺伝子のスイッチをオンに入れるらしいです。 人間を対象にしたカロリー制限の実験では、30%カロリーを制限した人は、ミトコンドリアが31%増えていたそうです。 そして7週間で全員の長寿遺伝子のスイッチが入っていたことが確認されたそうです。 米国には「カロリー制限協会」という団体があるそうで、30%のカロリー制限に取り組んでいるそうです。さすが肥満大国米国ですね。 この30%のカロリー制限を行うと、血管年齢が一般の人に比べて平均30歳は若返ったそうです。 血管年齢は若さのバロメーターとも言われているので、カロリー制限が若さを保つ方法であることは間違いないようです。 長寿遺伝子を眠りから起こすには、食べ過ぎないこと!! 腹八分目と言う言葉は、全ての健康に通じる四字熟語だったんですね~!! #腸活 #ファスティング #ボーンブロスファスティング #間欠的ファスティング #肥満 #ハンコク整体院 #ハンコクマッサージ #リンハマッサージ #痩身 #タイエット #内臓整体 #腸揉み #お腹痩せ #長寿遺伝子サーチュイン #姿勢改善 #アンチエイジング #予防医学 #便秘解消 #冷えむくみ改善 #健康 #ヘルスケア #バンコク"
腸と筋肉を健康にする源九郎トヨの健康塾 shared a post on Instagram: "「長寿遺伝子」と聞くと、個人的にはすぐに飛びつきたくなる興味津々の遺伝子ですが、この遺伝子のスイッチをオンにする方法があるそうです。 長寿遺伝子は細胞の中になり、人では10番目の染色体に存在しています。長寿遺伝子は細胞の...

 

このコース内では、サーチュイン遺伝子を活性化する「MNM美容液」を使用します。

CBDオイルとは?

次にこのコースで使用する、アンチエイジングプロダクトはCBDオイル美容液です

CBDオイルとは?

世界各国で今、大ブームとなっているCBDは、多くの人に求められ評価されています。

タイではゴールドラッシュならぬグリーンラッシュが到来し、CBDカフェなどが大流行し、大麻草の苗が販売されたり、CBDオイルが販売されたりと、様々な形でCBDを健康や美容のために使われだしております。

 

CBDというのは、大麻草(ヘンプ)から採取された成分のことをいいます。

この成分はカンナビノイドと呼ばれます。CBDオイルは植物から抽出されたCBDをココナッツオイルやオリーブオイルなどのキャリアオイルと混合した製品です。

CBDやCBDオイルは摂取することで体に様々な効果をもたらします。

疼痛や炎症の抑制、不安の緩和、精神的・肉体的緊張の緩和、睡眠の改善、食欲の改善などがあります。これらは効果・効能のほんの一部です。

現在、CBDは世界中で潜在的な可能性を秘めた天然化合物として1,000論文以上の研究が行われております。

その研究では、様々な症状に効果がある事が明らかにされつつ、海外では医薬品として利用されています。

 

そんなCBDオイルですが、美容効果はどうなのでしょうか?

 

CBDオイルには、皮膚細胞の再生を活性化してお肌の健康状態を維持するビタミンが多く含まれています。

また、お肌を紫外線から守り、シミやシワを防ぐ働きのあるビタミンCや、抗酸化作用が強く、肌の老化防止に効果があるビタミンEも豊富に含まれています。

なので、抜群の美肌効果があるんですよ!!

 

それに・・・・CBDオイルは、これまでに取り上げられてきた流行に乗った美容法やサプリメントとは次元が違うともいえます。

 

その理由は、研究の次元が違うからです。

医療分野での研究となれば莫大な時間とお金が使われます。CBDオイルは、世界中で深く研究された植物になります。

他にも、抗酸化、抗糖化植物などは世界中にたくさんあり、私達に素晴らし効果をもたらしてくれますが、CBDオイルはこれらの頂点に君臨するものといえるくらいの年月と莫大なお金が使われて研究されている特別な植物になるのです。

世界中で大ブーム!美と健康に優れた効果があるCBDオイルって何?(バンコク リンパマッサージ&理学整体スパRENE) - バンコク リンパマッサージ&理学整体スパ RENE
美と健康に関する様々な治療やトリートメントを行っている、理学療法スパ(バンコクリンパマッサージ&理学整体スパRENE)が、ハーブ大国タイの中でもっともすぐれた植物として治療に取り入れているのがヘンプから採取されたCBDと黒ガリンガルです。このページでは、世界中で大ブームになっているCBDについてご紹介します。

このコースでは、CBDオイル美容液をトリートメントに使用します。

 

抗糖化(抗AGE)・抗酸化黒ガリンガルプロダクト

さらに、このコースでは、抗糖化植物の部門では王様級の位置に君臨する「黒ガリンガル」の細胞から抽出した生体水や、黒ガリンガルマスク等を使用します。

黒ガリンガルは、タイが原産地の「幻の植物」「森の神様の宝物」「生薬の王様」等と呼ばれる、世界でも類をみない大量の抗糖化成分(ポリメトキシフラボノイド)を含む植物になります。

その他、18種類のアミノ酸やアントシアニン、クルクミン、セリン等の多種多様の豊富な成分が含まれており、中でもスーパーアミノ酸のアルギニンの含有量は世界一といわれています。

このとんでもない有効成分の固まりである生の黒ガリンガルから、特許技術により生体水を抽出した化粧水と美容マスクをトリートメントでは使用します。

黒ガリンガル生体水についての詳細はこちら

抗糖化(抗酸化)化粧品・黒ガリンガル生体水シリーズ (バンコクRENE) - バンコク リンパマッサージ&理学整体スパ RENE
タイ バンコクにおいて、抗糖化、抗酸化、抗炎症にすぐれた「黒ガリンガル」から抽出した生体水シリーズ化粧品が購入できるのは、バンコクリンパマッサージ&理学整体スパRENEだけ。タイの輸入販売ライセンスも取得しているので安心して購入していただけます

 

幹細胞フェイシャルコースの内容

前記のプロダクトの他、クレンジングにはタイハーブジェルを使用し、洗顔には植物でんぷん構想を使用します。

さらに、マッサージにはバージンエキストラココナッツオイルを使用します。(ココナッツオイルのアレルギーや苦手な方は申し付けください。別のオイルに変更して行います)

使用するプロダクトはすべて、乳化剤や防腐剤などの化学添加物を使用していないオーガニック100%製品になります。

 

コースの手順と内容

① タイハーブジェルによるクレンジング
② 植物でんぷん酵素洗顔
③ デコルテ、背中、腕のディープティッシュマッサージ&リンパマッサージ         ④ 小顔矯正マッサージ(お顔の理学整体・お顔の筋膜リリース)
⑤ 日本式リンパフェイシャルマッサージ
⑥ チタン美容器具によるフェイシャルマッサージ
⑦ CBDオイル&MNM美容液パック
⑧ 黒ガリンガル生体水マスク
⑨ 首と肩、肩甲骨周りの理学整体
⑩ 頭蓋整体(筋膜リリース&頭蓋仙骨療法&ヘッドマッサージ)
⑪ 幹細胞を増やすライフウェーブ社のパッチX39を貼付

 

時間と価格

90分 通常3000バーツのところ 年内はプロモーション価格2500バーツでご提供いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイ・バンコクで整体とリンパマッサージのことなら 理学整体スパRENE(レーネ)- バンコク リンパマッサージ&理学整体スパ RENE
リンパマッサージ&理学整体スパRENEバンコクは、タイ・バンコクにおいて「美と健康」をテーマとし、日本の化粧品会社RENEと技術協力をしながら日本式リンパマッサージと理学療法士が行う理学の整体を中心としたオリジナル施術を低価格でご提供している日系の整体&ウェルネススパです。
フェイスマッサージ
バンコク リンパマッサージ&理学整体スパ RENE
小顔&リフトアップマッサージ、リンパ痩身、理学整体、内臓整体、頭蓋仙骨療法、頭蓋マッサージ、チベット式足裏温灸マッサージ等「美と健康」をテーマにしたオリジナル施術をご提供する日系スパです。スタッフはタイの国家資格を持つ女性理学療法士です。
この記事を書いた人
「バンコクリンパマッサージ&理学整体スパ RENE」店長 Toyo

元奈良県警の女性刑事から転職した変わり種セラピスト(大阪出身奈良県在住、現在バンコク在住)

20年間強行班係(殺人・強盗・強姦等の凶悪犯罪を取り扱う係)の刑事として仕事をしてきたため、検視や解剖業務に携わることが多く、人体や健康に非常に興味を持ち解剖学や生理学等の勉強に励み、健康管理士や心理カウンセラーの資格も取得しました。

その後、友人や同僚等、家族などを相次いで癌や心筋梗塞等で亡くしたことをきっかけに、健康関連の仕事をしたいと考えるようになりました。そして、友人が健康食品&化粧品製造会社であるRENE(レーネ)を起業する際にスカウトされて転職を決意しました。

タイにはサプリメントや化粧品の原料となる「山の神様の贈り物」と呼ばれる黒ガリンガルを買い付けるためにやってきましたが、本格的に黒ガリンガルの輸入を開始するためタイで会社を設立することとなり、その際、会社の事務所と併設したリンパマッサージスパを開店しました。

しかし最初はタイ語ができないこともあり、タイ人スタッフに翻弄さる日々が続き、騙されたり、お金を盗まれたり、お客さんが来ない日が続いたり…と、ハチャメチャなスパ経営を行っておりましたが、1年後にはタイで有名なホリスティック医療センターのオーナーに、取得している資格や知識、リンパセラピストとしての技術が認められ、同センターに招かれることとなりました。そこで日本式のリンパマッサージの技術指導に当たるとともに、世界最先端のホリスティック医療や理学整体を学びました。

現在は再びRENEスパに戻り、ホリスティック医療センターで学んだ知識を活かして、国家資格を持つ理学療法士達と共に、リンパマッサージと理学整体をメインとした数々のオリジナル施術を考案し、「美と健康」をテーマとした施術をみなさまにご提供しております。

スパを経営するまでの詳しい経緯はこちら

RENEブログをフォローする
RENEブログをフォローする
バンコクのリンパマッサージ&理学整体スパ・RENE(レーネ)のブログ
タイトルとURLをコピーしました