知らず知らずに体内に取り込んでいる毒もあるんですよ!

デトックス
この記事は約4分で読めます。

前回までの記事では

* 現代社会では、食事や生活用品、大気汚染などから普通に生活しているだけでも有害物質や毒素を摂取してしまう

* これを完全にシャットアウトすることは、もはや不可能といえる位、巷には合成化合物や有害金蔵等の毒素があふれている

ということが分かった頂けたと思います。

 

ここで、もう一度毒素についておさらいしてみましょう。

皮膚から吸収された毒は排出されにくい?

皮膚から吸収された化学物質等は、10日経ってもその10%ほどしか排出されないって知っていますか?

口から吸収したほとんどの化学物質は、肝臓を通り分解されて尿や便として、およそ10日間で90%は排出されてしまいます。

しかし、皮膚等の経皮から吸収したものは、消化や分解する器官を通らないので、そのまま皮下脂肪に蓄積されたり、血液を通って子宮や脳に蓄積されてしまいます。

化学物質が肝臓を通った場合と比べて、皮膚を通った場合の分解率は、なんと・・・

たったの2%しかないと言われているのです。

 

化学物質は分子量が小さく皮膚から吸収されやすい

皮膚というのは、表皮、真皮、皮下組織の3つの層で構成されているのですが、その中でも表皮はさらに何層かの角質層でできています。

 

実は、身体の場所によって角質層の厚さが違います。

瞼の下などは非常に薄い事は、皆さんも実感されていると思います。

 

通常、角質層は分子量500以上の微生物やウィルスの分子を通さないようになっています。

これをお肌のバリア機能というのですが、自然界に存在するものは、この角質層を通過できないと言われています。

 

ところが・・

現在は、界面活性剤を始め、たくさんの化学物質が私達の日用品等に使われているのです。

それらは極めて小さな分子の集合体であり、皮膚の分子量よりも小さいため、私達の皮膚を簡単に通り抜けてしまうのです。

 

化粧品に使われているアンチエイジングの有効成分で知られるヒアルロン酸は、実は分子量が皮膚の分子の100万以上の大きさになります。とても大きな分子なのです。

コラーゲンはもっと大きいため、通常ではお肌に浸透することは絶対にありえないのです。そのため、界面活性剤等の化学物質を同時に使い、角質層のバリアを破壊して、これらの有効成分を角質層に浸透させるという方法が取られています。

 

今は安全な界面活性剤もたくさん開発されていますので、神経質になる必要はないと思いますがタイに輸入されている中国製品などは信じられないような成分が未だに使われています。

その点で日本製品はタイではとても安心できる商品だと認められているのですが、意外にも日本は化学物質使用大国です。食品等も農薬等の化学物質を大量に使用している国であり、けっして日本製だからといって安全だとはいえないのです。

なので個々の責任で、しっかりと内容成分を確認してから使用していただくことが必要になってきます。

皮膚から吸収された毒の蓄積場所

皮膚から吸収された毒は、一度吸収されると皮下脂肪に蓄積されます。それが、血液などを通って体全体に回ります。

多くの化学物質は脂溶性のため、皮下脂肪はもちろん、脂肪の塊である脳や肝臓にも蓄積されると言われています。

 

さらに女性は子宮に、男性は前立腺に蓄積されやすいとも言われています。

貯まりやすい場所については、前回の記事を参考にしてくださいね。

https://renethailand.com/menu/私達が体内に貯めこんだ毒素はどれくらい%ef%bc%9fそれ/

皮膚から吸収された毒と関連づけられている病気

皮膚から吸収された毒素と関連つけられている病気の中で最も多いのは、皮膚の病気です。

肌荒れ、湿疹、アレルギー性皮膚炎、アトピー性皮膚炎などです。

 

そのほか、婦人科系の病気(子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣脳腫)、癌(乳癌、子宮癌、前立腺癌等)、脳に関する病気のうち認知症やアルツハイマー病も経皮毒が要因の1つだと考えられています。

 

けれど、病気と皮膚から吸収された毒とを直接関連付けることはとても難しく、可能性があったとしても原因として特定することは難しいことから、経皮毒を真っ向から否定される医療機関が多いのも事実です。

さらに、皮膚から吸収された毒について調査研究が行われているものの、正式に学術的な発表がなされていないということも、皮膚から吸収された毒を否定する材料になっています。

あるのです。

バンコク リンパマッサージ&理学整体スパRENEのデトックス療法

バンコクリンパマッサージ&理学整体スパRENEでは、遠赤外線療法

① リンパマッサージ

② 副腎マッサージ(電子チャージマッサージ)

③ 内臓アプローチ(内臓整体&腸揉みマッサージ)

等を組み合わせたデトックスメニューをご提供しております。

 

その中でも、特に疲労回復コースが人気メニューとなっております

疲労回復メニュー(身体のだるさ・慢性疲労・冷えむくみ取り) - バンコク リンパマッサージ&理学整体スパ RENE
1週間以内の疲れはバンコクRENEスパの次のメニューで改善(疲労回復)できます​。1週間以上続く疲れの場合は、病気が潜んでいる可能性があるので、先ずは内科の受診をお勧めいたします。また、1ヶ月以上疲れが取れない場合(慢性疲労)は、ストレス等からくる精神的な病気の可能性もあります。心療内科への受診をお勧めします。

 

 

デトックス
バンコク リンパマッサージ&理学整体スパ RENE
小顔&リフトアップマッサージ、リンパ痩身、理学整体、内臓整体、頭蓋仙骨療法、頭蓋マッサージ、チベット式足裏温灸マッサージ等「美と健康」をテーマにしたオリジナル施術をご提供する日系スパです。スタッフはタイの国家資格を持つ女性理学療法士です。
この記事を書いた人
「バンコクリンパマッサージ&理学整体スパ RENE」店長 Toyo

元奈良県警の女性刑事から転職した変わり種セラピスト(大阪出身奈良県在住、現在バンコク在住)

20年間強行班係(殺人・強盗・強姦等の凶悪犯罪を取り扱う係)の刑事として仕事をしてきたため、検視や解剖業務に携わることが多く、人体や健康に非常に興味を持ち解剖学や生理学等の勉強に励み、健康管理士や心理カウンセラーの資格も取得しました。

その後、友人や同僚等、家族などを相次いで癌や心筋梗塞等で亡くしたことをきっかけに、健康関連の仕事をしたいと考えるようになりました。そして、友人が健康食品&化粧品製造会社であるRENE(レーネ)を起業する際にスカウトされて転職を決意しました。

タイにはサプリメントや化粧品の原料となる「山の神様の贈り物」と呼ばれる黒ガリンガルを買い付けるためにやってきましたが、本格的に黒ガリンガルの輸入を開始するためタイで会社を設立することとなり、その際、会社の事務所と併設したリンパマッサージスパを開店しました。

しかし最初はタイ語ができないこともあり、タイ人スタッフに翻弄さる日々が続き、騙されたり、お金を盗まれたり、お客さんが来ない日が続いたり…と、ハチャメチャなスパ経営を行っておりましたが、1年後にはタイで有名なホリスティック医療センターのオーナーに、取得している資格や知識、リンパセラピストとしての技術が認められ、同センターに招かれることとなりました。そこで日本式のリンパマッサージの技術指導に当たるとともに、世界最先端のホリスティック医療や理学整体を学びました。

現在は再びRENEスパに戻り、ホリスティック医療センターで学んだ知識を活かして、国家資格を持つ理学療法士達と共に、リンパマッサージと理学整体をメインとした数々のオリジナル施術を考案し、「美と健康」をテーマとした施術をみなさまにご提供しております。

スパを経営するまでの詳しい経緯はこちら

RENEブログをフォローする
RENEブログをフォローする
バンコクのリンパマッサージ&理学整体スパ・RENE(レーネ)のブログ
タイトルとURLをコピーしました