リーキーガット改善(腸活)計画3か月間の結果はいかに?RENEスパ店長のウエスト ビフォーアフターを見せます!!

ダイエット
この記事は約8分で読めます。

ご訪問ありがとうございます。

さてさて、リーキーガット改善(腸活)計画も、もう間もなく3か月目が終了したします。

前回の記事はこちら

リーキガット改善(腸活)計画 植物アブラがなぜ悪いのか?
ご訪問ありがとうございます。バンコクRENEスパの店長である、わたくしトヨは、2か月前からリーキガット改善(腸活)計画と命名して、自分の腸内環境の改善に取り組んでおりますが、現在3か月目を迎えております。大きな変化...

今の状況をお知らせしておきますと。

体重は3㎏減りました!!

私は、身長164㎝で、3か月前の体重は57㎏でした。

それが、ストレッチ以外は運動をしていないのに、腸活に取り組んでから3か月・・・

先日の日常日に体重測定をしたところ54㎏まで減っておりました。

今まで、自分で体が軽くて快適だなと思った体重は52㎏なので、そこまで落ちれば良いかな~と思います。

私ごとですが、若い頃からの体形変化を振り返ってみたいと思います

なんと・・・20代の頃は、46㎏であり、10㎏近く少なかったのですが、正直、これは細すぎだった気がします。

学生の頃はそれなりに激しい運動もしていたので、細いながらも健康的な体形ではありました。

そして、警察に入り、警察学校を卒業して24歳の時にスリ係の刑事になり、スリ犯を捕まえるため毎日毎日歩き回っていたので、太ることはなくスリムな体形をキープしておりました。

ところが・・・30代からは、殺人や強盗・傷害事件などを担当する係に異動になってしまい、刑事ドラマのごとく、とにかくめちゃくちゃな生活を送るようになりました。

なので、徐々に徐々に、体重が50㎏代に近づき、40歳手前位からは一気に太りだしてこれが中年太りの始まりなんだ~と自分でも実感するようになりました。

ところが、40歳過ぎに、なんと警察学校の教官として異動することになり、20代の学生達に交じって運動をする習慣がつました。

すると、みるみる身体は健康になったのですが、今度は筋肉がつきすぎて、女なのに腹筋が割れているという位のマッチョな体形になってしまいました。

なので、体重も筋肉の重さのまま、56~58㎏という状態でした。

この体形はやばいと思いだし、警察学校から所轄署に異動になった時にファスティングに取り組み、52㎏まで体重を落とすことができました。

ちょうど、趣味でベリーダンスを習いはじめていたこともあり、体幹の筋肉はそのままキープできたので、自分的にはこの頃の体形が、とてもベストな体形でした。

そして・・・、数年間は、太っても54㎏位という状態で、そこそこのスタイルをキープできていたのですが・・・・

50歳で警察を辞めてからは、仕事での緊張感から解放されたこともあり、あれよあれよと太り、タイに来た頃にはなんと60~62㎏くらいまで太ってしまったのです。

下の写真は、頭蓋仙骨療法士で、私の警察同期生であるナツコことナコ先生とのツーショットですが、警察学校時代は、ナコよりも私の方が断然細かったのですが、完璧逆転してしまって、ナコは抜群のスタイルをキープしているのに、私は顔もお腹周りもパンパンになっておりました。

というわけで、タイに来てから1~2年位は、異国生活のストレスもあり、なかなか痩せることができず、結構コロコロとした体形のままでおりました。

間欠的ファスティングで一気に体重が減少しました

タイに来てからは色々と苦難がありまして・・・・

今の形で理学療法スパを始めるまでは、タイ人オーナーが経営する理学療法医療センターにおいて、1年間リンパマッサージの非常勤講師として勤務することになりました。

そこは、理学療法とオステオパシー療法を行う医療センターで、タイ国内に4カ所、オマーンに1か所あり、私はトンロー店という新しく開業した病院でマネージャーとして勤務したのですが、超ブラック企業であり、勤務時間が半端なく長くて、朝の9時から帰りはいつも9時10時になっておりました。

そのため、私が通勤手段として使っていた運河の船の最終便にもいつも間に合わなくて、それでお店から地下鉄の駅までおよそ3キロを、毎日毎日復路だけ歩いておりました。

さらに、食事も夕方位に食べる1食しかまともに摂れない状態だったので、自然と16時間くらいは食べない時間ができ、間欠的ファスティングをしている状態になりました。

もちろん、忙しいので間食をする時間もなく、本当に16時間はざらに食べない時間が続いたのです。

すると・・・みるみる体重が減って来て、3か月ほどで53㎏位に減ってしまったのです。

下の写真が、その頃、フェイブックに投稿したお店の記事なのですが、お顔がかなりほっそりしたでしょ~(お客様は有名なタイ人のアイドル歌手です)

毎朝、チーズハムクロワッサンを食べてまた体重増加に・・・

その後、医療センターとの契約が切れ、同医療センターから引き抜いてきた理学療法士さん達と現在の「理学療法治療院スパ」を始めました。

スタッフは、今も働いてくれているポンちゃん、エムちゃんはそのままで、当初いたプロイちゃんは現在病気休養中、受付の二ッさんはコビット19のパンデミックで田舎に帰ったまま・・・・

であはありますが、みんな良い人、良い子なのでほとんどストレスもなくなり、また、徐々に体重が増え始めて、再び57~58㎏位にまでなってしまいました。

さらに、朝が弱い私は10時頃になってやっと食欲が出てくるので、いつもコンビニで大好きなチーズハムクロワッサンを買ってきて、甘いミルクコーヒーと一緒に毎日毎日食べていたのです。(最高に体に悪い組み合わせです)

そしてある日、突然、とんでもない腹痛に襲われ動けなくなって、ポンちゃんとエムちゃんに病院まで運んでもらうという事態に襲われました。

結果は腸炎だったので、点滴と薬で3日ほどで治りましたが、あの時の苦しみは、もう二度と味わいたくないくらい悲惨なものでした。

それを機会に、食べ物には気をつけだしたので、なんとか体重は55~56㎏位まで減らしその状態をキープしておりましたが、さらに、昨年コビット19が拡大し、こんな健康状態では、免疫力をつけないと感染したら大変なことになると思い、健康について自分なりに勉強をするようになりました。

たった3か月の腸活で、お腹周りはこんなに変わる!!

さらに、2021年の年明け頃から、日本に帰国できないというストレスもあってなのか、特に忙しいわけでもないのに、身体がだるくて、疲れがとれず、便秘がちで、常にお腹が痛いという状態が続きました。

それで丁度、頻繁に見だしていた大腸外科医の石黒先生のyoutube動画などから腸に問題があることに気が付き、リーキーガット症候群になっている可能性があると思いました。

良く寝ても疲れが取れない・・原因はリーキーガットだった!リーキーガット改善計画(腸活)スタート(第1週目)
ご訪問ありがとうございます。RENEスパの店長トヨです。 私事なのですが、先月からなぜか身体の疲れがとれなくて、寝ても寝ても身体がだるい・・・やる気が出ない・・という状態に襲われていました。 ウェルネススパを経営している者が、そ...

ということで、今年の2月から意を決して、今までのブログでもご紹介中の腸内環境の改善に取り組みだしたわけなのですが、もうすぐ3か月になり、一番変わったのが体形の変化だったので、それを皆さんにご紹介しておきたいと思います。

下の写真を見てください。

左が腸活を始めようと決めた2月1日に撮影したお腹周りの写真になります。

そして、右が今日撮影した写真になります。

2月時点での写真は、胃の周りにもお肉がついていて、下腹付近にもお肉がたっぷり、そしてウエストランは崩れているのがよ~くわかりますよね!!

すごくお恥ずかしいのですが、醜いウエストではありませんか~

ところが、今日撮影したウエストラインの写真は、胃と下腹のお肉が削げ落ちて、ウエストラインがとてもすっきりとしたのがわかります。

実は、この3か月間は、食事だけでどこまで変われるかを実践するために、あえて運動はしないでおりました。

なのに、なのに、今まででのダイエットの中で、一番結果がでたのではないかとびっくりしています。

下の写真が、一番近い時期の写真になるのですが、脚も若干細くなった気がします。

4か月目からは、運動をしっかりと入れていこうと考えているので、まだまだウエスト回りのお肉は落とせると思います。

体重は、2月1日の時点では57㎏ありましたが、昨日測ったところ54㎏まで減っておりました。

3か月で3㎏、1か月1㎏のペースで減らしているので、すごく理想的だと思います。

体重は、52~53㎏位でキープして、後は、体脂肪を減らし、筋肉量を上げていければと考えています。

まだまだ、

① 糖質は控えめにする

② グルテンフリーにする

③ 乳製品は摂らない

④ 良いアブラを摂取する

といったことは継続して行いながら、次回は運動とともに、食物繊維等もしっかりととっていきたいと思います。

ということで、まだまだ私の腸活は続きますよ~。

あと、4月頭から石黒成治医師のスクールに入って勉強しているので、先生の指導が色々と入ってくると思います。その様子も、ご紹介していく予定です。

本日のRENEスパのお勧めメニューはこちら

本日のバンコク リンパマッサージ&理学整体スパRENEのお勧めメニューは

肩甲骨まわりの筋肉を弛め、首から背中にかけて存在する褐色細胞を刺激して痩せやすい体を作って行くコースです。

肩甲骨はがしダイエット(肩甲骨ストレッチ整体マッサージ) - バンコク リンパマッサージ&理学整体スパ RENE
バンコク リンパマッサージ&理学整体スパRENEでおこなう「肩甲骨ハガシ」と「筋膜リリース」のコースは、理学整体の手技を多数取り入れた高技術のコースです。慢性的な肩や首のこり、背中の痛み、腰痛、猫背などの姿勢改善、ストレートネックの改善などに効果があります。
ダイエット リーキーガット改善 食生活の改善
バンコク リンパマッサージ&理学整体スパ RENE
小顔&リフトアップマッサージ、リンパ痩身、理学整体、内臓整体、頭蓋仙骨療法、頭蓋マッサージ、チベット式足裏温灸マッサージ等「美と健康」をテーマにしたオリジナル施術をご提供する日系スパです。スタッフはタイの国家資格を持つ女性理学療法士です。
この記事を書いた人
「バンコクリンパマッサージ&理学整体スパ RENE」店長 Toyo

元奈良県警の女性刑事から転職した変わり種セラピスト(大阪出身奈良県在住、現在バンコク在住)

20年間強行班係(殺人・強盗・強姦等の凶悪犯罪を取り扱う係)の刑事として仕事をしてきたため、検視や解剖業務に携わることが多く、人体や健康に非常に興味を持ち解剖学や生理学等の勉強に励み、健康管理士や心理カウンセラーの資格も取得しました。

その後、友人や同僚等、家族などを相次いで癌や心筋梗塞等で亡くしたことをきっかけに、健康関連の仕事をしたいと考えるようになりました。そして、友人が健康食品&化粧品製造会社であるRENE(レーネ)を起業する際にスカウトされて転職を決意しました。

タイにはサプリメントや化粧品の原料となる「山の神様の贈り物」と呼ばれる黒ガリンガルを買い付けるためにやってきましたが、本格的に黒ガリンガルの輸入を開始するためタイで会社を設立することとなり、その際、会社の事務所と併設したリンパマッサージスパを開店しました。

しかし最初はタイ語ができないこともあり、タイ人スタッフに翻弄さる日々が続き、騙されたり、お金を盗まれたり、お客さんが来ない日が続いたり…と、ハチャメチャなスパ経営を行っておりましたが、1年後にはタイで有名なホリスティック医療センターのオーナーに、取得している資格や知識、リンパセラピストとしての技術が認められ、同センターに招かれることとなりました。そこで日本式のリンパマッサージの技術指導に当たるとともに、世界最先端のホリスティック医療や理学整体を学びました。

現在は再びRENEスパに戻り、ホリスティック医療センターで学んだ知識を活かして、国家資格を持つ理学療法士達と共に、リンパマッサージと理学整体をメインとした数々のオリジナル施術を考案し、「美と健康」をテーマとした施術をみなさまにご提供しております。

スパを経営するまでの詳しい経緯はこちら

RENEブログをフォローする
RENEブログをフォローする
バンコクのリンパマッサージ&理学整体スパ・RENE(レーネ)のブログ
タイトルとURLをコピーしました