バンコクで「リンパ&整体」を体験!! 美脚痩身の驚くべき効果!!

この記事は約4分で読めます。

RENEスパでは、スタッフ(タイの国家資格を持つ理学療法士さん3名)と、日本人店長の私ことToyoの4名で、お客さんの予約のないときは頻繁に、お勉強会をしております。

うちのサロンは今受付の子を除いて、施術をするセラピスト3人は理学療法士になるのですが、彼女達曰く、

筋肉の捻じれや緊張を改善しないことには、一時的にサイズダウンしてもまた元に戻ってしまうため、カウンセリングにおいて、体の歪みや筋肉の捻じれが認められたお客さんについては、最初の2〰3回は、理学療法に元づいた整体マッサージをして正常な状態に戻してから、痩身マッサージをする方が効果が出るだろう

ということになりました。

 

私は、理学理論に基いた筋肉の捻じれを取るマッサージは、まだ見せてもらったことがないので、実際にどの程度の効果が出るのかをやってもらいました。

 

彼女達の手技は120程のテクニックがあるらしく、患者さんの状態に合わせて使うテクニックを変えるそうです。

 

今回は、私にわかりやすいように、まず筋肉の説明からしてくれました。

 

彼女達の説明を聞いていると、筋肉が人の健康にとってとても大切なことがよくわかりました。

 

今回は、脚に対する施術を見せてもらいました。

勉強会の途中で、お客さんが来られたので、ボディ用のベットではなくエステ用のベットを使うことになりました。

エステ用のベットだと、フラットではなく力の掛け方がとても難しいのですが、その中でどんな結果がでるのかとても楽しみです。

また、チーフのプロイちゃんがお客さんの施術に回ったので、今回の施術はプロイちゃんの一番弟子のプロングちゃんが行いました。

 

先ずプロングちゃんに、今回のモデルさんの体をチェックしてもらったところ、脚の筋肉がとても緊張していて捻じれも多く、そのため血流とリンパの流れが悪くなり、脚がむくんだ状態にあるとのことでした。

 

脚の前面から筋肉の捻じれをリリースしていきます。

今、日本で大流行りの筋膜リリースと原理は同じだと思うのですが、筋肉の一番下の4層部分に働きかけるテクニックを使っています。

 

少しタイマッサージのやり方にも似ているのですが、使っているテクニックは全く違うそうです。

筋肉とツボに働きかけながら、同時にリンパも流していきます。

う〰ん、凄いテクニックです。

 

今、どの筋肉にアプローチしているのかを、筋肉の図でも説明してくれました。

 

そして・・・・右足の施術を終えた直後の状態が下の写真です。

凄いと思いませんか〰!!

この写真を見て、モデルさんもビックしていました。

「すべて脂肪だと思っていましたが、違うかったんですね」

ということで、筋肉が捻じれて緊張しているといかに脚が太くなるのかがよくわりました。

因みに、施術前に両足のサイズを測っていますが、0.1ミリの差しかなくほぼ同じ太さでした。

それが・・・たった15分程の施術でこんなに違いがでるとは!!

ふくらはぎも全然違いますよね〰

そして、この後は腰の筋肉をリリースしていきます。

モデルさんは腰痛などは感じておられなかったのですが、腰の筋肉がとても硬くて、それが脚のむくみにもかなり影響しているとのことでした。

 

なので、腰の筋肉の捻じれを取っていきます。

その後に脚の裏の筋肉にアプローチです。

 

施術前には右足裏の星印の部分の張り出しが目立ちますが、施術を行った右足の方はほとんどめだたなくなっています。

 

本当に凄いです。

プロングちゃんが言うには「この施術の後に、リンパマッサージとセルライトを除去するマッサージを行えば、さらに効果が出ますよ」とのことでした。

 

そして・・・

このお勉強会での効果事例から生まれたのが、今RENEスパの人気メニューとなっている

美脚コース

です!!

 

このコースのさらなる効果事例については、またお知らせいたしますね!

美脚コースの詳細はこちらから

美脚コース(徹底して美脚を追及したコース) - バンコク リンパマッサージ&理学整体スパ RENE
バンコクRENEスパでは現在、先ずは理学整体でしっかりと筋肉を整えてから、頑固なセルライトを除去し、スリミングクリームで脂肪を落とすという3つのアプローチから徹底的に足をケアして美脚に導こうという目的で考えだされたのが「美脚コース」です。1回の施術で4つのコースを組み合わせて美脚を手に入れます。

 

ダイエット
バンコク リンパマッサージ&理学整体スパ RENE
小顔&リフトアップマッサージ、リンパ痩身、理学整体、内臓整体、頭蓋仙骨療法、頭蓋マッサージ、チベット式足裏温灸マッサージ等「美と健康」をテーマにしたオリジナル施術をご提供する日系スパです。スタッフはタイの国家資格を持つ女性理学療法士です。
この記事を書いた人
「バンコクリンパマッサージ&理学整体スパ RENE」店長 Toyo

元奈良県警の女性刑事から転職した変わり種セラピスト(大阪出身奈良県在住、現在バンコク在住)

20年間強行班係(殺人・強盗・強姦等の凶悪犯罪を取り扱う係)の刑事として仕事をしてきたため、検視や解剖業務に携わることが多く、人体や健康に非常に興味を持ち解剖学や生理学等の勉強に励み、健康管理士や心理カウンセラーの資格も取得しました。

その後、友人や同僚等、家族などを相次いで癌や心筋梗塞等で亡くしたことをきっかけに、健康関連の仕事をしたいと考えるようになりました。そして、友人が健康食品&化粧品製造会社であるRENE(レーネ)を起業する際にスカウトされて転職を決意しました。

タイにはサプリメントや化粧品の原料となる「山の神様の贈り物」と呼ばれる黒ガリンガルを買い付けるためにやってきましたが、本格的に黒ガリンガルの輸入を開始するためタイで会社を設立することとなり、その際、会社の事務所と併設したリンパマッサージスパを開店しました。

しかし最初はタイ語ができないこともあり、タイ人スタッフに翻弄さる日々が続き、騙されたり、お金を盗まれたり、お客さんが来ない日が続いたり…と、ハチャメチャなスパ経営を行っておりましたが、1年後にはタイで有名なホリスティック医療センターのオーナーに、取得している資格や知識、リンパセラピストとしての技術が認められ、同センターに招かれることとなりました。そこで日本式のリンパマッサージの技術指導に当たるとともに、世界最先端のホリスティック医療や理学整体を学びました。

現在は再びRENEスパに戻り、ホリスティック医療センターで学んだ知識を活かして、国家資格を持つ理学療法士達と共に、リンパマッサージと理学整体をメインとした数々のオリジナル施術を考案し、「美と健康」をテーマとした施術をみなさまにご提供しております。

スパを経営するまでの詳しい経緯はこちら

RENEブログをフォローする
RENEブログをフォローする
バンコクのリンパマッサージ&理学整体スパ・RENE(レーネ)のブログ
タイトルとURLをコピーしました