バンコクで整体受けるなら国家資格のある理学療法士の手技整体を受けませんか?

理学整体
この記事は約10分で読めます。

バンコクRENEスパは、「美と健康」の両方から、皆様の日々の生活がより豊かになるようにお手伝いさせていただいている「ウェルネススパになります。

 

なので、メニューは「美容面」「健康面」の2つの柱で構成されているのですが、「健康メニュー」の中でも、現在口コミで広がり人とっても気が高いのが、理学療法士が行う「理学整体」「ディープティッシュマッサージ」等の整体メニューです。

タイの理学療法と日本の理学療法の違い

バンコクRENEスパの理学療法士3名は、タイの医科大学を卒業して医学学位を持ち、理学療法士の国家資格を持っていることから、非常に高い知識と技術を要しております。

 

理学療法の中でおこなう「整体」やマッサージは、目的がリラクゼーションではなく、身体の機能回復や維持のために行うリハビリテーション治療になるため、「気持ちが良い」マッサージではなく、箇所によっては痛みを伴う場合もあります。

 

店長の私も、昨年突然腕が上がらなくなり、仕事だけでなく日常生活に支障をきたすような状態に陥りましたが、彼女達の治療を受けたことにより、短期間で90%くらいまで回復しました。

そんな実体験をした私が正直に言いますが、「ほんとうに痛い治療でした!!」

 

けれど、施術が終わった後に「カラダが軽くなって可動域が大幅に広がっている」ことをしっかりと感じることができるのと、数日たっても元の悪い状態に戻らず、確実に良くなっていることが実感できました。

また、続けて回数を重ねて受けることで、確実に身体の機能が以前のように回復して、可動域が大きくなった喜びを感じることができました。

 

その時は良くなっても、またすぐに元の状態に戻る・・・と言った、タイマッサージ等の負のパターンに陥ることがないのです。

そんな「理学整体」をメインとする理学療法士が行う理学療法ですが・・・

 

世界中で国家資格を有する療法として認められて凄い医学体系も確立された凄い治療法なのに、あまり一般的には知られていないのが現状です。

日本では、交通事故や部活中の怪我や病気で身体に障害が出られた時にリハビリを受けたりされた方や、医療福祉に興味のある人以外は「理学療法士」という資格を知らない人は多いとのではないでしょうか?

 

けれどタイでは、伝統療法であるタイマッサージと比較される面が多いことから、国民の認識度が高い職業になり、また欧米では「風邪をひいた時はまず理学療法受ける」という位、薬や注射を使わない安全で安心な日常に根差した治療法として人気があります。

また、欧米スタイルは、現在当店が行っているような「スパで治療を受ける」といった形が多く、おしゃれなスパやエステサロンで、気軽に理学療法の治療を受けることができるケースが多いそうです。

 

そんなことから、今回は「理学療法とは何か?」を理学療法士の資格を含めてご紹介していきたいと思います。

タイでは高い地位と収入が確立された国家資格職業が理学療法士

理学療法士は、世界の共通ルールとして、医者と同じで必ずその国の国家資格を要する職業です。

理学療法士は世界中に存在し、理学療法士を国家資格として定めているのは、世界で105ヶ国あります。

アメリカ合衆国、カナダ、オーストラリア、イギリス、ドイツ、フランス、スウェーデン、デンマーク、韓国、タイなど、多くの国で国家資格として理学療法士を設置しているのです。

 

理学療法の発祥地といえるアメリカやドイツ、スウェーデン、イギリス、オーストラリアなどのリハビリテーション先進国では、理学療法士の認知度はとても高く、地位や年収がかなり保障されているそうです。

 

タイは、王様を頂点とするピラミッド社会であり、国民の格差がとても大きい国です。

なので、下の階層にいる国民達は伝統療法のタイマッサージを受けて、富裕層の国民達は理療法を受けるという図式があるようで、理学療法を受けることができるのは安定した収入がある印でもあります。

そんなことから、理学療法は安定した収入がある中間層の人達や、富裕層の人達が好む治療方法として好まれ、タイマッサージはお金がない人が頼る民間治療法というイメージが強くあります。

 

実際には、タイマッサージも2年間学校に通い、国家資格の取得を要する「伝統療法」になり、とても素晴らしい療法になるのですが、低所得者層の職業として広まっているため現実に資格を有している人は少なく、また、資格を有しているタイマッサージ師は病院や理学療法スパ等で治療に当っている人が多いため、スクール経営を兼ねたようなタイマッサージ店以外では、めったにお目にかかることはないのが現実です。

 

では、タイでの理学療法の現状をお話ししたいと思います。

「日本では柔道整復師の先生が整体治療院をされているところが多いので、理学療法士さんって病院でしか見ないけれど、タイでは、タイマッサージみたいに理が生療法を気軽に受けることができるものなの?」と疑問を持たれた方もいらっしゃるのでは?

 

日本の理学療法士は病院やクリニックなどの医療機関に所属し、医師の診察に基づいてリハビリを進めますが、タイでは「理学療法を医師の指導なしにできる資格」を認められているため、個人で「理学療法クリニック」を持つことができます。
タイでは、日本と違い医者の診断がなくても、理学療法士の判断で理学療法の治療を行うことができるのです。
これは、タイだけでなく、多くのリハベリテーション先進国で与えられている権利です。
(日本では、とても技術の高い理学療法士さんがたくさんいるのに、法システムとして、その地位や仕事の内容に制限が設けられており、とてももったいないと思います。)
さらに今は、治療院や病院といった「いかにも病気の人が行くところ」と言った概念を打ち破り、予防医学のために気軽に理学療法を受けることができるようにと、世界の多くの理学療法クリニックが、「エステ」や「リラクゼーション」といったサービスを取り入れた、新しい理学療法を始めているのです。
そんなことから、バンコク リンパマッサージ&理学整体RENEスパは、とても小さなお店ではあるのですが、「美くしくあるためには健康でなければならない」という概念から、美と健康は切り離せないものだと考え、李美も健康もどちらの施術も受けていただけるように、クリニックではなく「スパ」という形態で理学療法を行っております。(もちろん店の営業ライセンスは必要です)

また、タイの理学療法士さん達は、かなり地位や年収が保証された職業とされており、理学療法士の資格を取るのはとても狭き門なのです。

まず国家試験を受ける資格として、4年生の医科大学を卒業して医科学位を取らなければいけません。

そして、資格を取った後が大変で、5年ごとにライセンスの更新があり、更新時には試験があります。

更新の試験を受けるにも条件があり、5年間の間に研修を受講し、受講ごとに付与される点数が、50点に満たなければならないのです。また、更新の試験に合格しないと、ライセンスは剥奪されて、もう一度取り直さなければいけなくなります。

このように、とても厳しい義務を課せられているのがタイの理学療法士なので、タイではお医者様と同じように地位も給料もとても高いのです。

 

理学療法士ってどんなことができるの

では バンコク リンパマッサージ&理学整体RENEスパのスタッフである理学療法士さん達は、いったいどんなことができるのでしょうか?

次は理学療法士の仕事の内容についてご紹介していきます。

 

身体機能回復と生活の質の向上

病気や事故などにより、身体に障害や不自由を抱えた人や、身体機能が低下した高齢者などに対して回復のサポートをしたり、脳卒中での後遺症が残った人、運動能力発達の遅れがみられる新生児ら、循環器・呼吸器・内科・難病疾患などの身体的な障害を持つ人に対して、日常生活動作の改善を図り、生活の質の向上をめざして運動療法や物理療法を行うのが理学療法士の仕事です。

具体的な例を挙げてみると、基礎動作能力の回復が必要なケースとしては、脳卒中、脊髄損傷、骨折、変形性関節症などの病気や怪我があります。

理学療法士は運動・マッサージ・電気刺激などを用いて、上のような病気や怪我を患った人、一人1人の状態を把握しながらリハビリを行います。

また、最近では、

では、バンコク リンパマッサージ&理学整体RENEスパの理学療法士さんは、どのような内容の仕事をしているかといいますと・・・・

彼女達もRENEスパで勤務する前は、理学療法専門の医療センターで勤務していたので、主として病気や事故などにより身体に障害や不自由を抱えた人のリハビリを主として行っておりましたが、当店では

* 循環器・呼吸器・内科・難病疾患などの身体的な障害を持つ人に対する治療と運動指導

* 肩こり・首のコリなどのオフィスシンドローム症候群に対する治療

* トリガーポイントや筋筋膜性疼痛症候群(きんきんまくせい とうつうしょうこうぐん, Myofascial Pain Syndrome, MPS)の治療

* 関節炎・腱鞘炎・手足のしびれ、ヘルニア、外反母趾、怪我による後遺症等の治療

* 膝や腰の痛みにより歩行に支障が出ている方に対する治療

* 顎関節症や歯ぎしり、奥歯のくいしばり改善のための口腔内筋肉治療

* 姿勢の改善

等の治療を行う他、「美容面」では、

* 美容整体(身体のラインを整える・サイズダウンさせる)

* 小顔・リフトアップのためのフェイス整体マッサージ

等を行っております。

 

どんな治療を行うの

理学療法士が行う治療には「物理療法」「運動療法」があります

物理療法

体の外部から「温める」「冷やす」「電気刺激を加える」「振動させる」などの物理的な刺激を与えて治療する方法で、主に患部の痛みを和らげたり、血行を促すことを目的としています。

マッサージや、ホットパックなどを用いた「温熱療法」、治療器を用いて電流を体に流す「電気療法」などの方法があります。

バンコク リンパマッサージ&理学整体 RENEスパで行っている理学療法は

 

【整体・マッサージ】

* 理学整体 〰 手技

* ディープティッシュマッサージ 〰 手技

* 高齢者や難病等の疾患がある方に対するアロママッサージ 〰 手技

* 子供に対するマッサージ 〰 手技

【温める・冷やす】

* 遠赤外線治療 〰 治療器

【電気刺激を与える・振動させる】

* 電気刺激治療(ES)〰 治療器

* 超音波治療(US)〰 治療器

があります。

理学整体 in バンコク - バンコク リンパマッサージ&理学整体スパ RENE
整体は技術力です。本物の手技がバンコクRENEスパにはあります。バンコクRENEスパの理学整体を行うのは、整体師ではなく、タイの国家資格を持った理学療法士です。バンコクRENEスパの理学療法士達のメソッドは、コリコリに固まった筋肉を柔軟性のある筋肉へと導き、本来の筋肉の健康状態に戻していきます。

 

運動療法

関節の動きや筋力の改善を目的とし、器具や理学療法士の手などを用いて、リハビリテーション対象者の体を動かしたり、リハビリテーション対象者自らが体を動かしたりして治療する方法です。

代表的な方法に、ストレッチや器具などを用いて、狭くなってしまった関節の可動域を増やす「関節可動域(ROM)運動」があります。

 

タイではサッカーチームのトレーナー等を指導しています

タイでは、サッカーがとても盛んであり、プロのフットボールチームであるタイ1リーグ、タイ2リーグ等では、日本人選手も活躍しています。

また、プロのフットボールチームではトレーナーの技術指導を理学療法士が行っているところが多く、また理学療法士をトレーナーとして採用しているチームもあります。

怪我の予防やパフォーマンスの向上、怪我で低下した体の機能回復などを目的としたリハビリテーションを行っています。

また、動物に対する理学療法も行われており、バンコク RENEスパの理学療法士さん達は、アニマルマッサージの資格も有しております。

高い技術を有する理学療法士の施術を受けてみませんか?

理学療法は、体の機能が低下した状態にある人に対し、日常生活の基本となる動作の回復を主な目的として理学療法士等が行う治療法です。
体を動かしたり、熱や電気などの物理的刺激を加えたりすることでリハビリテーションを行います。
このリハビリテーションは、事故や怪我、病気等により重度の障害等が出た方だけでなく、
・オフィスでの仕事により肩こり首のこりがひどくなり(オフィスシンドローム症候群)首や肩、腕の可動域が悪くなってしまっている方
・膝や腰、外反母趾による痛みに悩まされ歩行に困難をきたしている方
・ゴルフ等で痛めた関節等が痛む方
・猫背や反り腰等、姿勢が悪い方
といった、日常の基本動作に支障をきたしている方全てに行うことができます。
https://rene-thailand.net/recruit/health-menu/kids-physical-massage/

何らかの理由で一時的、または長期的に体を自由に動かせなくなってしまう可能性は誰にでもあります。
そのようなとき、理学療法士は頼りになるサポーターとなってくれることでしょう。
少しでも日常生活の質を向上させるために、是非とも理学療法を受けていただければと思います。
バンコク リンパマッサージ&理学整体RENEスパの理学療法は、保険対象ではありませんが、治療費は日本に比べるととても安いので、価格的にも安心して受けていただけます。
理学療法に興味がある方は、まずは気軽に日本語でご相談ください。
理学整体
バンコク リンパマッサージ&理学整体スパ RENE
小顔&リフトアップマッサージ、リンパ痩身、理学整体、内臓整体、頭蓋仙骨療法、頭蓋マッサージ、チベット式足裏温灸マッサージ等「美と健康」をテーマにしたオリジナル施術をご提供する日系スパです。スタッフはタイの国家資格を持つ女性理学療法士です。
この記事を書いた人
「バンコクリンパマッサージ&理学整体スパ RENE」店長 Toyo

元奈良県警の女性刑事から転職した変わり種セラピスト(大阪出身奈良県在住、現在バンコク在住)

20年間強行班係(殺人・強盗・強姦等の凶悪犯罪を取り扱う係)の刑事として仕事をしてきたため、検視や解剖業務に携わることが多く、人体や健康に非常に興味を持ち解剖学や生理学等の勉強に励み、健康管理士や心理カウンセラーの資格も取得しました。

その後、友人や同僚等、家族などを相次いで癌や心筋梗塞等で亡くしたことをきっかけに、健康関連の仕事をしたいと考えるようになりました。そして、友人が健康食品&化粧品製造会社であるRENE(レーネ)を起業する際にスカウトされて転職を決意しました。

タイにはサプリメントや化粧品の原料となる「山の神様の贈り物」と呼ばれる黒ガリンガルを買い付けるためにやってきましたが、本格的に黒ガリンガルの輸入を開始するためタイで会社を設立することとなり、その際、会社の事務所と併設したリンパマッサージスパを開店しました。

しかし最初はタイ語ができないこともあり、タイ人スタッフに翻弄さる日々が続き、騙されたり、お金を盗まれたり、お客さんが来ない日が続いたり…と、ハチャメチャなスパ経営を行っておりましたが、1年後にはタイで有名なホリスティック医療センターのオーナーに、取得している資格や知識、リンパセラピストとしての技術が認められ、同センターに招かれることとなりました。そこで日本式のリンパマッサージの技術指導に当たるとともに、世界最先端のホリスティック医療や理学整体を学びました。

現在は再びRENEスパに戻り、ホリスティック医療センターで学んだ知識を活かして、国家資格を持つ理学療法士達と共に、リンパマッサージと理学整体をメインとした数々のオリジナル施術を考案し、「美と健康」をテーマとした施術をみなさまにご提供しております。

スパを経営するまでの詳しい経緯はこちら

RENEブログをフォローする
RENEブログをフォローする
バンコクのリンパマッサージ&理学整体スパ・RENE(レーネ)のブログ
タイトルとURLをコピーしました