ホーム RENEに関して サービス 施術料金 お客様の声 ご連絡先
HOME ABOUT RENE SERVICE PRICE VOICE CONTACT

ストレスとは切っても切れないストレス社会に身を置く私達ですが、意外と「ストレス」について、きちんと理解している人は少ないのではないかと思います。

 

RENEでは、ストレスから生じる様々なトラブルの改善にお役立ちできるメニューを取り揃えておりますが、カウンセリングでストレスについてお話しすることがあっても、具体的にストレスが何かということにすいて、お客様に説明する機会はあまりありません。

 

また、「病院に行くと、なんでもストレスで片付けられちゃうから頭にくるんですよ!」という声もたくさん耳にします。

 

そんなことから、今回はストレスについて正しく理解していだくために、ストレスについてお勉強したいと思います。

 

 

ストレスとは具体的にどのようなものなの?

 

 

 

「ストレス」は、実はもともとは医学用語ではなく、なんと機械工学の用語になるんですよ!

 

「物体に何らかの負荷をかけたときに、その物体に生じるひずみのこと」

を指すんです。

 

例えば、ゴム製のボールを手で押して凹ませると、ボールの中には「元の形に戻ろう」とする力が生まれます。

この元に戻ろうとする力が、「ストレス」なんです。

 

そして、外から加えられた力と、元に戻ろうとする力の間で生じる緊張状態のことを「ストレス状態」といいます。

 

このことが、やがて生き物に応用されるようになり、「生き物が何らかの刺激を受けたとき、心身に生じる反応や変化」などがストレスと呼ばれるようになりました。

 

さらに、ストレスと生じさせる要因である「ストレスの源」についても、「ストレス」と呼ばれています。

 

 

ストレスは嬉しい出来事が生じたときにも感じる

 

なので、ストレスの定義としては、刺激を受けた時に心身に生じる反応や変化とうことになるので、何も悪い反応や変化だけをさすのではないんです。

 

私達は、ストレスと言えば、「嫌な出来事によって生じる、イライラや憂鬱、不安、怒り、焦り」といったネガティブなイメージを抱いていますが、実は実は・・・・嬉しい〰って出来事によってもストレスが生じることもあるんですよ。

 

たとえば、結婚式や出産、進学、就職など・・・

人生の一大イベントであり、本来とっても嬉しいはずの出来事ですよね。

 

ところが、これも「変化=刺激」であり、人や場合によってはストレスをもたらし、心身を不安定にすることがあるのです。

マレッジブルーなんて、まさしく嬉しいストレスの代表ですよね。

 

 

適度なストレスはプラスになる場合もある

 

 

さらに・・

「ストレスは全てマイナスの変化をもたらす」とは、言いきれないのです。

 

嬉しい出来事から生じた場合であれ、嫌な出来事から生じたものであれ、ストレスが、人間にとってプラスに働くケースも結構あるんですよ。

 

例えば

*  仕事の締め切りやノルマがある

*  大切なプロジェクトを任された

*  どうしてもライバルには負けられない

 

といったような場面で受ける刺激は、時に人のモチベーションや集中力をアップさせたり、希望やワクワク感、達成感をもたらしたりする場合があります。

 

精神面だけでなく、身体的にも適度な刺激は良いとされています。

 

例えば、

筋肉ですが、適度な負荷や刺激をかけ続けることで鍛えられ発達していきます。

温度変化を受けると、体温調節の機能が正常に働くようになります。

また、ストレスはホルモンにも影響を与えます。

 

ストレスと感じると、脳下垂体という部位から「オキシトシン」が分泌されます。

オキシトシンは、「愛情ホルモン」「幸せホルモン」とも呼ばれ、不安感や恐怖を抑えて安らぎをもたらしたり、他者との交流を深める気持ちや信頼感を高めたり細胞分裂を促して傷を治したりする作用があります。

 

オキシトシンは、親しい人との会話やスキンシップの際に分泌されることが多いのですが、意外にもストレスを受けたときにも分泌され、そして、ストレスから身を守る働きをしてくれるのです。

 

また、脳に対しても適度なストレスは良いとされています。

適度なストレスは脳の働きを活性化させ記憶を向上させてくれます。

さらに自発性や立ち直る力を養うともいわれています。

 

そんなことから、全くストレスがない状態だと、人は心身ともにどんどん弱くなってしまうのです。

 

人によってストレスへの耐性は異なりますが、適度なストレスは、私達にとって必要不可欠ともいえる存在なんですよ。

 

 

過剰なストレスはあらゆる体の不調を招く

 

ということで適度なストレスはプラスに働くということはお分かりいただけたと思いますが、反対に過剰なストレスは自律神経を狂わせ、あらゆる体の不調を招きます。

 

あまりにも大きなショックを受けたり、ストレス状態が長く続いたりした場合、今度は心身にマイナスの作用があらわれます。

 

「生活が劇変するような出来事が起こる」

「深刻すぎる悩みを抱える」

「休みがとれない多忙な状態が続く」

 

といったようなことをきっかけに、肩こりや眼精疲労がとれなかったり、頭痛やめまいが起こったり、胃腸の具合がおかしくなったり、白髪が増えたり、眠れなくなったりします。

 

そこで病院に行き、特に検査では異常が認められないと「ストレスのせいですね」と言われてしまうのです。

 

これは正しい診断ではあるのですが、問題は、この過剰なストレスをそのまま放置しておくことです。

場合によってはがんや心疾患、脳血管疾患、うつ病や摂食障害などの深刻な病気を引き起こす場合もあるのです。

 

ストレスによる体調不良の場合、病院では、精神安定剤や睡眠薬を投与されるかもしれません。

でも、ほとんどの方が、「薬を飲んでも改善できない」という思いは抱えていらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

人の体に備わっているシステム「ホメオスタシス」って何?

 

 

では、なぜ過剰なストレスが様々な体調不良を引き起こすのでしょうか?

その理由を説明する前に、まずは「ホメオスタシス」(生体恒常性)について、簡単に説明したいと思います。

 

生き物には、何らかの刺激を受けたり、外界の環境が変ったりしても、常に一定の状態を保ち、環境に適応するシステムが備わっています。

これを「ホメオスタシス」(生体恒常性)といいます。

 

ホメオスタシスがどのような働きをするかといいますと、例えば

*のどが渇くことで水分が足りてないと気づいたり

*暑い日に汗をかくことで体温を下げて調整したり

*体内の老廃物や体外から入ってきた異物などを体から排除したり

するのは、いずれもホメオスタシスの働きのおかげなのです。

 

ホメオスタシスは、

①    自律神経

②    内分泌系

③    免疫系

といったシステムによりコントロールされています。

 

この3つの中でも、自律神経は、自分の意思とは関係なく勝手に動いている神経になるのですが、「交感神経」と「副交感神経」によって成り立っています。

 

「交感神経」と「副交感神経」については、とても良く聞く言葉だと思いますが、基本的には、交感神経が優位になると、体は緊張状態になり、副交感神経が優位になるとリラックスします。

 

この2つが、シーソーのようにバランスをとることにより、生命を維持するために必要な「胃腸の働き」「心臓の動き」「代謝」「体温調節」などが行われます。

 

そして、どちらかが極端に優位になりすぎると、心身にさまざまな不具合が生じてくるのです。

 

ストレスから生じる体調不良の中でも良く耳にする「自律神経失調症」は、この「交感神経」と「副交感神経」のバランスが崩れることで起こる代表的な病気といえます。

 

次に、自律神経と同じ位、私達の体をコントロールしているものにホルモンがあります。

 

体内のホルモン分泌は、内分泌系によりコントロールされています。

 

そして、体に害を及ぼすウイルスやがん細胞等の異物は、免疫系により排除されます。

 

そんなことから、「自律神経」「内分泌系」「免疫系」の3つの働きにより、私達の体は健康に保たれているのですが、過剰なストレスは、こうしたシステムのバランスを崩し、ホメオスタシスが正常に機能するのを妨げてしまうのです。

 

 

次回は、過剰なストレスがどのように「自律神経」「内分泌系」「免疫系」のバランスを崩すのかを説明し、さらにストレスに効果がある療法についても説明していきますね。

 

http://renethailand.com/menu/ストレスは自律神経・ホルモン・免疫力に影響を/?preview_id=1838&preview_nonce=c00be12386&post_format=standard&_thumbnail_id=1846&preview=true

作者プロフィール

ブログ作成者 元奈良県警の女性刑事から転職した変わり種セラピスト

「RENE BEAUTY & HEALTH」店長 Toyo

(大阪出身奈良県在住、現在はバンコク在住)

ブログ作者であるRENE店長Toyoは、元奈良県警の警察官であり、20年間強行班係(殺人・強盗・強姦等の凶悪犯罪を取り扱う係)の刑事として仕事をしてきたため、検視や解剖業務に携わることが多く、人体や健康に非常に興味を持ち解剖学や生理学等の勉強に励み、健康管理士や心理カウンセラーの資格も取得しました。

その後、友人や同僚等、家族などを相次いで癌や心筋梗塞等で亡くしたことをきっかけに、健康関連の仕事をしたいと考えるようになりました。そして、友人が健康食品&化粧品製造会社であるRENE(レーネ)を企業する際にスカウトされて転職を決意しました。

タイには、サプリメントや化粧品の原料となる「山の神様の贈り物」と呼ばれる黒ガリンガルを買い付けるためにやってきましたが、本格的に黒ガリンガルの輸入を開始するためタイで会社を設立することとなり、その際、会社の事務所と併設したリンパマッサージスパを開店しました。

しかし、最初はタイ語ができないこともあり、タイ人スタッフに翻弄さる日々が続き、騙されたり、お金を盗まれたり、お客さんが来ない日が続いたり・・と、ハチャメチャなスパ経営を行っておりましたが、1年後には、タイで有名なホリスティック医療センターのオーナーに、取得している資格や知識、リンパセラピストとしての技術が認められ、同センターに招かれることとなりました。そこで日本式のリンパマッサージの技術指導に当たるとともに、世界最先端のホリスティック医療や理学整体を学びました。

現在は、再びRENEスパに戻り、ホリスティック医療センターで学んだ知識を活かして、国家資格を持つ理学療法士達と共に、リンパマッサージと理学整体をメインとした数々のオリジナル施術を考案し、「美と健康」をテーマとした施術をみなさまにご提供しております。

スパを経営するまでの詳しい経緯はこちらのブログでご紹介しています。

元女性刑事がスパの店長?  リンパ&理学整体スパ

経営経験ゼロのRENE店長Toyoが、とても甘い考えでタイでスパを始めた結果・・・とんでもない日々が待っていました。苦しんでもがいた日々を愛犬サクラに支えてもらいながらなんとかやって来た奮闘記をブログに綴っております!!

お店のご紹介

RENE  JAPAN  BEAUTY & HEALTH

       〰リンパ&理学整体スパ〰

(小顔&リフトアップマッサージ、リンパ痩身、理学整体、内臓整体、頭蓋仙骨療法、頭蓋マッサージ、チベット式足裏温灸マッサージ等「美と健康」をテーマにしたオリジナル施術をご提供する日系スパです。スタッフはタイの国家資格を持つ女性理学療法士です。)

ガーベラ  メインHP https://renethailand.com/  サブHP(メニュー等の詳細情報はこちらから) http://rene-thailand.net/

ガーベラ  営業時間 11:00〰20:00 最終受付 19:00 定休日(月)、ソンクラン期間中、正月1,2,3日

ガーベラ  住所 102/14 Soi University of Thai Chamber of Commer.Dingdaeng.Bangkok アクセス

ガーベラ  電話 09-5964-8484(日本語で対応可。タイ人スタッフがでた場合は日本語で「もしもし」と言っていただければ日本人に変ります。)

ガーベラ  Facebook  Rene Thailand (日本人ファンページ)または Rene seitaisui(タイ人ファンページ)

ガーベラ  Insutagram  rene_thailand

ガーベラ  Twitte r @rene_Japan

ガーベラ  LineID  rene8484

(ご予約はラインからが便利です。初めてのお客様はお店の位置情報等も送らせていただきます。日本語でご連絡ください。日本人スタッフが施術中はお返事が遅くなる場合がありますのでご了承ください。)

 

♡ プロモ―ション中のメニュー

肩こり、腰痛、肌あれを治したい!痩身、美顔をしたい方は、是非ご来店を!

タイで1番のサービスを提供!お客様の好感度、評価も業界ナンバー1.どこに行っても治らなかったというお客様には是非!!