元女性警察官が警察を辞めるきっかけとなった黒ガリンガルって何? 第4話

お店のご紹介
この記事は約12分で読めます。

前回は、バンコク リンパマッサージ&理学整体スパRENEの店長Toyoと親友のNatsukoの二人が、警察を退職してからどう動きだしたのか?

について、お話ししました。

元女性刑事ふたりの新しい挑戦が始まりました。エステサロンの開業と黒ガリンガル製品の開発が始動!! 第3話
さて、前回の記事では、RENEスパ店長のToyoと親友で警察同期のNatsukoが警察を辞めた理由についてお話ししました。 今回は、警察を辞めてからのその後のふたりの様子についてお話ししたいと思います。 ToyoとN...

Natsukoは、自宅でリンパマッサージのエステサロンを開業して、順調にお客さんを増やしておりましたが・・・

Toyoの方は、2014年4月に化粧品&サプリメント製造・販売会社である株式会社レーネ(RENE)を立ち上げた友達Kちゃんの元で、役員として黒ガリンガル製品の開発に乗り出しました。

 

さて、今回はこの物語を進めていく上でもとても重要なキーワードとなってくる

この黒ガリンガルという、聞きなれない名前の生薬について・・・

について説明しておきたいと思います。

 

幻の抗糖化植物「黒ガリンガル」って何?

さてさて・・・Toyoは、警察を辞めてから親友のKちゃんが起業した化粧品とサプリメントの製造販売会社で働くことになりました。

 

Toyoの親友のKちゃんが、黒ガリンガルを使用して、化粧水とサプリメントを製造・販売しようと考えたのは、KちゃんのおじさんであるS氏が

薬草ハンター

と呼ばれるくらい、薬草好き、生薬好きだったことがきっかけでした。

 

薬草ハンターが見つけ出した黒ガリンガル

 

このおじさんは、Toyoが出会った時、姪のKちゃんと一緒にカンボジアのプノンペンでホテルを開業しておりました。

もともとKちゃんは、本業がホテル業であり、大阪天王寺駅のすぐ近くでビジネスホテルを経営しておりました。

 

そして、叔父さんのS氏は東京の方で、50代まではインテリア関係の仕事をされておりましたが、私が出会った頃には、

病気のオンパレード

状態の方でした。

 

痛風は、毎日のたうち回る位ひどくて、日常生活には車いすが必要になることもあり、

心臓疾患も抱えているので、ニトログリセリンを常に持ち歩くという方でした。

 

そのせいもあり、なんとか健康になりたいという思いから、様々な生薬の勉強をされ、世界中を生薬探しで駆け巡るという方だったので、周りの人からは、いつしか薬草ハンターと呼ばれるようになりました。

そんな薬草ハンターS氏は、今から10年程前に、ホテル業をしていた姪のKちゃんと一緒にカンボジアにリゾートタイプのプチホテルを始めました。

 

同時に、広大な農地を購入して、そこでカンボジア名産のコショウを育てていたのです。

 

そんな折り、大手の製薬会社から

「黄色ウコンを育ててほしい」

という依頼があったそうです。

 

ところが、農地を任せていた農家のスタッフが、ウコンを栽培することに反対し嫌がって動こうとしません。

 

理由は、

東南アジアの人にとって、黄色ウコンは日常的に食する安い食材である。

そんな金にもならない安い食材をなぜわざわざ栽培するのか?

   ということでした。

そして、その反対意見を聞いた時、同時に

ウコンを植えるのなら、幻のハーブと呼ばれている黒いウコンを植えればいい
   と提案されます。

詳しく話を聞くと、その黒いウコンを食べている民族は、男性は80代、女性は60代でも子供を作ることができ、若くて健康であることで有名だそうです。

 

その話を聞いて、S氏は非常に興味を持ったのですが、その黒いウコンについては、

どこで栽培されており、何という名前なのかわからない
 という状態だったのです。

そこからS氏の黒いウコン探しが始まります。

けれど、どうも一部の特殊な地域でしか栽培されていないようであり、なかなかその正体がわからないでおりました。

そうなると、ますますその正体を突き止めたいと思ったS氏は、ついに懸賞金までつけて探し出しました。

 

そしてやっとの思いで、その黒いウコンの正体を突き止めたのです。

 

 

それが幻の植物、幻のハーブ、幻の生薬

黒ガリンガル

だったのです。

 

黒ガリンガルが原産地の村は80歳でも子供をつくる長寿村でした

 

しかし、その黒ガリンガルが栽培されているところは、とんでもないところでした。

東南アジアの奥地にゴールデントライアングル(黄金の三角地帯)

と呼ばれる地方があります。

 

タイ、ラオス、ミャンマーの3国が交わる地域です。

 

なんと、その地方の山岳民族が住む山岳地帯で栽培で栽培されていることがわかりました。

 

タイには次のような伝説が残っているそうです。

クメール王朝には、「宇宙と交信し影で王朝を支えたシャーマンがいた」のですが、そのシャーマンたちは、皆、この地方の出身だったそうです。

1200年前に伝染病がこの地方に蔓延しました。

すると、神様がある男の子の前に現れて

黒ガリンガルを皆で食べるよう

というお告げをしたのだそうです。

この地方の人達は、お告げのとおり黒ガリンガルを食べたところ、みるみるうちに伝染病が鎮まったのです。

それ以降、黒ガリンガルは

「山の神様の贈り物」

と呼ばれるようになり、現地の人は毎日これを生で食べる生活を始めたそうです。

そんなことから、黒ガリンガルの栽培地を発見したS氏は、さっそく本物の黒ガリンガルをその目で見るためにその地方へと行きます。

 

すると、その地方には、なんとも元気な村人達の姿があったそうです。

 

そして、孫だと思っていた子供達が、80歳を超えるおじいさんの子供だったり、80歳のおじさんが、トラックの荷台にひょいっと飛び乗ったり飛び降りたりという身軽さで、驚きの連続だったそうです。

 

なんとかして黒ガリンガルの種芋を手に入れて、カンボジアの自主農園で栽培したいと考えていたのですが、村人はなかなか種芋を売ってくれません。

なんと、説得までに数年を要しました。

 

カンボジアの自社農園に黒ガリンガルを植えてみた

 

何度も何度もこの山岳地帯に通って村長を説得し、やっとのことで種芋を手に入れたS氏は、喜び勇んで自分のカンボジアの農園に黒ガリンガルを植え付け、肥料もたくさんあげて、大切に大切に育てたです。

 

1年経ち、収穫の時がやってきました。

 

S氏の畑にはふさふさと育った黒ガリンガルの葉が生い茂っていました。

 

 

そして・・・意気揚々と、黒ガリンガルを引っこ抜いたS氏でしたが・・

 

 

ない!!

何もない!!

根の部分には、丸々と太った黒ガリンガルがあるはずだったのに・・・

何もなくてただの根だけだったのです。

 

 

なぜ、黒ガリンガルが収穫できないのか?

 

その理由を突き止めたくて、S氏は再び山岳地帯へと足を運びます。

 

そして、村長から教えてもらったのが、

だから言ったじゃろ!! 

黒ガリンガルは、この地の土壌でしか育たないんじゃ!

肥料などを与えてはならず、野生のまま栽培しないといけない

ということでした。

 

そうなのです、黒ガリンガルは、朝夕の温度差が非常に激しいコブラが棲む険しい山岳地帯でしか育たなかったのです。

 

その後、S氏は村の農家と何度も交渉を重ねて、この地で育った黒ガリンガルを独占的に購入することができるようになったのです。

 

本当は、この先も、黒ガリンガルを日本に輸出できるようになるまでには厳しい道のりが待ち受けていたのですが、いったん薬草ハンターの話はここでおいといて・・・

 

Toyoと黒ガリンガルとの出会い

 

それでは、Toyoと、黒ガリンガルとがどう繋がっていくのかに焦点を移したいと思います。

2014年3月末、Toyoは警察を辞めました。
2013年12月に、一足先に警察を辞めたNatsukoが、ちゃくちゃくと準備を進めて自分のエステサロンを開業したのと比べて、Toyoの第二の人生のスタートは、まだ何にも形になっていない状態でした。
Toyoは、警察にいる時から、親友のKちゃんのおじさん「薬草ハンターS氏」が、黒ガリンガルに憑りつかれて、カンボジアの自社農園に植えたり、山岳地帯に足しげく通っていることを、Kちゃんからおもしろおかしく聞かされていました。
そして、実際にS氏が持ち帰った黒ガリンガルを、食してみたこともありました。
最初は、またまた新しもの好きのS氏が、子供のように黒ガリンガルに夢中になっている・・としか思いませんでした。
ところが、Toyoの心を動かしたのは、黒がンガルを日本に持ち帰ったS氏が、知り合いの医科大学の教授に、成分分析等を依頼したところ、驚くべき結果が出たからなのです。
その黒ガリンガルは、まさしく「生薬の王様」「生薬の宝石」と呼ばれるにふさわしい成分がバランス良く含有さていたのです。
ちょっとだけ、その成分をバラしますと・・
* アミノ酸が18種類
 アミノ酸は全部で20種類あり、20種類含有されていることで有名なのはプラセンタですが、そのプラセンタに種類では2種類少ないものの、含有量ではプラセンタの1.3倍でした
* アルギニン 
世界一の含有量 マカの2倍
スーパーアミノ酸と言われて、成長ホルモンを作ったり、脳を活性したり、男性の精力増強したりと、その効果の凄さで一躍ブームを起こしたアルギニンですが、黒ガリンガルには、当時世界一の含有量と言われていた精力剤で有名なマカのなんと2倍も含まれていることがわかりました。そのため今のところ黒ガリンガルは世界一のアルギニン含有量を誇ります
* アントシアニン 
ブルーベリーの3倍
目に良いことで知られているアントシアニンの3倍の含有量
* ポリメトキシフラボノイド 
世界最高の含有量を誇るシークアーサーの130倍
抗糖化作用があることで注目されているポリメトキシフラボノイドが、世界最高レベルの含有量を誇っていたシークアーサーのなんと130倍も入っています
* その他、クルクミンや、セレン等のミネラル等、多種多様の成分がバランスよく含有されていました

ということで、凄くないですか!!

まさしくスーパーフードですよね。

Toyoは、この結果を知り、たちまち黒ガリンガルに興味を持ってしまったのです。
というのも・・
この頃のToyoは自分の周りの大切な人を、癌や心筋梗塞等で次々に亡くすという経験をしていたのです。
さらに黒ガリンガルの成分結果を聞いた少し前に、父が肺癌で他界したのです。
Toyoの父は、この時からおおよそ半年前に
肺がんのステージ4で手術をしても治らない。余命1年です。
という宣告をされました。
もちろんToyo父もその宣告は受け入れて、じたばたせずに覚悟を決めてはおりましたが、一方で
医者が治療してくれないのなら、自分で治る生薬やサプリを探す
と希望を捨てずに、インターネットで世界中の癌が治ると言われている生薬等を検索しておりました。
けれど、どれも値段だけが高くて、成分的にもとても癌を治せるレベルのものではなく、唯一
癌を治すと謳っていた〇〇芋を知人に進められて飲んでいましたが、結局余命宣告の半分の半年でToyo父は他界してしまったです。
そのことがあり・・・
父を亡くしたToyoが、黒ガリンガルの成分を聞いた時に一番最初に思ったことが・・・・
もう少し早く、この結果が出ていたら・・
父に黒ガリンガルを飲ませたら、もう少し長生きしてくれたかもしれないのに・・・

ということだったのです。

 

そして、さらにToyoは、自分の周りで亡くなった人達の顔を次々に思い出し、
あの人も、彼女も、彼も・・・
黒ガリンガルで助かったかもしれない

というようなことを考えたのです。

 

その時、なぜたった1つのデーターだけで、そんなふうに考えたのかはわかりませんが、黒ガリンガルの神秘性を感じた瞬間でもありました。
なぜか・・
この生薬は、ほんとうに多くの人を救えるかもしれない!!

そう感じたのです。

そして・・・それ以降のToyoは、S氏に会うたびに黒ガリンガルについて質問詰めにするくらい、黒ガリンガルに魅了されていくことになるのです。
なので・・・S氏とKちゃんが
新事業として、この黒ガリンガルのサプリメントを製造しようと思うねん

と言い出した時、Toyoには

私も一緒にやりたい!!

という気持ちが芽生えました。

そして・・・
この黒ガリンガルの成分結果が出てから1年もしないうちに、KちゃんとS氏が始めることを決めた「黒ガリンガルサプリメントの製造販売の事業」を、警察を辞めて一緒にすることを決意することとなるのです。
そこから、Toyo達は何をしたのか?
次回は、黒ガリンガルに関わったことにより、ついにToyoがタイに来るようになった経緯についてお話ししますね。
元女性警察官コンビがなぜタイに行くことに??初来タイはこんな流れで・・・第5話
前回の記事第5話では、警察を辞めたToyoが「黒ガリンガル」という東南アジアの生薬を原料として、サプリメントを開発する会社を友人と一緒に始めたところまでお話ししました。 今回は、いよいよ、ToyoとNatsuk...

 

薬草ハンターの黒ガリンガル発掘物語

薬草ハンターが黒ガリンガルを探し当てるまでの経緯を物語風にブログで掲載しておりますので、ご興味のある方は是非ごらんくださいね。

>> 黒ガリンガルとの出会い 薬草ハンターが探し出した幻の生薬

>> 黒ガリンガルを飲んで80歳のおじいさんが子供を作る東南アジアの村

>> 黒ガリンガルの栽培の秘密が明らかに!!

>> 生薬の宝石「黒ガリンガル」はなぜ特別なの?

>> 本物の生薬を届けたい! ほんものの黒ガリンガルたる理由

お店のご紹介
バンコク リンパマッサージ&理学整体スパ RENE
小顔&リフトアップマッサージ、リンパ痩身、理学整体、内臓整体、頭蓋仙骨療法、頭蓋マッサージ、チベット式足裏温灸マッサージ等「美と健康」をテーマにしたオリジナル施術をご提供する日系スパです。スタッフはタイの国家資格を持つ女性理学療法士です。
この記事を書いた人
「バンコクリンパマッサージ&理学整体スパ RENE」店長 Toyo

元奈良県警の女性刑事から転職した変わり種セラピスト(大阪出身奈良県在住、現在バンコク在住)

20年間強行班係(殺人・強盗・強姦等の凶悪犯罪を取り扱う係)の刑事として仕事をしてきたため、検視や解剖業務に携わることが多く、人体や健康に非常に興味を持ち解剖学や生理学等の勉強に励み、健康管理士や心理カウンセラーの資格も取得しました。

その後、友人や同僚等、家族などを相次いで癌や心筋梗塞等で亡くしたことをきっかけに、健康関連の仕事をしたいと考えるようになりました。そして、友人が健康食品&化粧品製造会社であるRENE(レーネ)を起業する際にスカウトされて転職を決意しました。

タイにはサプリメントや化粧品の原料となる「山の神様の贈り物」と呼ばれる黒ガリンガルを買い付けるためにやってきましたが、本格的に黒ガリンガルの輸入を開始するためタイで会社を設立することとなり、その際、会社の事務所と併設したリンパマッサージスパを開店しました。

しかし最初はタイ語ができないこともあり、タイ人スタッフに翻弄さる日々が続き、騙されたり、お金を盗まれたり、お客さんが来ない日が続いたり…と、ハチャメチャなスパ経営を行っておりましたが、1年後にはタイで有名なホリスティック医療センターのオーナーに、取得している資格や知識、リンパセラピストとしての技術が認められ、同センターに招かれることとなりました。そこで日本式のリンパマッサージの技術指導に当たるとともに、世界最先端のホリスティック医療や理学整体を学びました。

現在は再びRENEスパに戻り、ホリスティック医療センターで学んだ知識を活かして、国家資格を持つ理学療法士達と共に、リンパマッサージと理学整体をメインとした数々のオリジナル施術を考案し、「美と健康」をテーマとした施術をみなさまにご提供しております。

スパを経営するまでの詳しい経緯はこちら

RENEブログをフォローする
RENEブログをフォローする
バンコクのリンパマッサージ&理学整体スパ・RENE(レーネ)のブログ
タイトルとURLをコピーしました