やはり「日本式リンパマッサージの技術は難しすぎる?」 元警察官コンビのスパ経営物語 第9話

お店のご紹介
この記事は約15分で読めます。

ご訪問がありがとうござます。

 

いよいよ、元警察官コンビである、バンコクRENEスパ店長のToyoと、リンパマッサージの先生であるナツコことナコ先生の二人がRENEスパの営業を手伝うためにバンコク上陸となり、ナコ先生のタイ人スタッフに対するリンパマッサージの指導が始まりました。

>>前回の記事はこちらから ⇒

可愛らしいタイ人スタッフとの顔合わせとマッサージ指導のスタート 第8話
ご訪問ありがとうございます。 現在、バンコク RENEスパの店長である私「Toyo」が、長年勤めた警察を辞めて、警察時代の同期生であったナツコこと頭蓋仙骨療法の先生であるナコ先生に助けられながら、バンコクでスパを経営するようになった経...

 

チーフに予定していたタイ人女性の素質はいかに?

 

当初、バンコクRENEスパで採用するスタッフは2名を予定しておりました。

1名は、前回の記事で登場した「ポップちゃん」という女子大生

ポップちゃんは、意外にもエステシャンとしての素質があり、なかなか見込みがありました。

 

そしてもう1名は、スパの顔となるチーフ格の20代女性でしたが、その20代の女性が、雨が降ったからいけないという理由で、初日の練習には来ませんでした。

ますますチーフとして採用予定の20代の女性が気になりました。・・・・・

 

翌日

ポップちゃんの大学が終わるまでは練習ができないので、午前中は再びバンコク観光となりました。

その日は、ワット・プラケーオと王室の観光となりました。

 

ワットプラケーオと王室の情報は、こちらを参考にしてくださいね。

タイ観光の最大名所ワットプラケオ(王宮及びエメラルド寺院)  - タイランドRENE村 -ムーバーンRENEにようこそ!-
目次1 ラマ1世が建立した国王の家とお寺が一体となった巨大寺院2 ワット・プラケーオの行き方2.1 ホテルからタクシーで行く2.2 電車で行く2.3 水上バス(チャオプラヤエクスプレスボート)を使って行く3 広大な敷地の...
美しき王宮 チャクリー・マハー・プラサート宮殿(タイ・バンコク) - タイランドRENE村 -ムーバーンRENEにようこそ!-
ワット・プラケーの見学を終えたら、南側にある王宮を見学しましょう。   目次1 チャクリー・マハー・プラサート宮殿への行き方2 王様の家族が暮らしたポロビマン宮殿3 アマリン・ウィニチャイ宮殿4 チャクリー・マ...

 

そして夕方4時、少し遅れてポップちゃんがやってきました。

 

Natsukoが、先にポップちゃんの練習を指導している間、Rさんがもう一人のチーフ予定の女性に何度も連絡を取っていました。

 

そして、午後6時頃・・・

やっと、その女性がやってきました。

 

名前をワンちゃんと言いました。

とっても綺麗でスタイルの良い子でした。

 

ポップちゃんも美人だけど、まだまだ子供なので、これから女性として成長していく過程なんだろうけど、この女性は本当にとても美人です。

 

この日、観光の途中でRさんから

タイ人女性にハマっちゃって、家やマンションを与えて愛人として面倒を見ている日本人男性は多いです

という話を聞いたばかりだったので、

 

なるほどな〰。こんな綺麗な子だったら、そうなるよね〰

 

と思いました。

 

 

けど・・・いざ、練習を開始すると・・・

素人なので仕方がないのですが、ポップちゃんとは違い全くセンスなしなのです。

 

さらに、リンパマッサージでは爪を伸ばせないのですが、

 

エステシャンとして働てもらうとなれば爪を切ってもらわないとだめですよ

ということに、かなり難色を示していました。

 

Toyoからすれば、

この調子じゃ無理だろう・・・

見た目は美人なので、お店の看板になってくれるだろうけど、受付だけしてもらうわけにはいかないので、違う子を探した方がいいのではないかな~

と感じてたのですが・・・・

 

それでも、NatsukoはToyoの思いとは反対に、ポップちゃんと同じようにワンちゃんにも丁寧に片言の英語でマッサージを教えていました。

Natsuko  :う〰ん。

この子は大変かも〰。 でも、すぐにはできないからね。

練習すればできるようになるから頑張って!!

と不安を感じながらも、自分の仕事を全うしているNatsukoはすごな~と思いました。

Natsukoには、この先も、入れ替わり入ってくる他のスタッフの子の指導にもしてもらうことになるのですが、

いつもこんな感じで、けっして素質がないからと見放すことはなく、区別することなく同じように根気強く教えます。

 

 

でも、ワンちゃんは、不安そうな顔をしながらも

 

できる。できる

 

と言っているので、意外にがんばりやなのかもしれないと思っていたのですが・・・

これに対してRさんは、

 

おそれらく彼女には無理ですね。

たぶん、もう次から練習には来ないと思います。

と言い出しました。

Natsuko :

えっ、でも彼女「できる」って言ってるやん。

頑張る気はあるんやと思うよ〰。

そんなに早く見放してやらんでも〰。

とNatsukoは、反論していましたが・・・

 

Rさんは

タイの子のできるは、できないだから
とポツリ・・・

またしても、タイに来て、タイの国民性を知ることになりました。

 

タイ人の「できる」という発言は「できない」という意味である場合が多い

 

タイ人は、「できない」と口に出して言うことは、相手に失礼だと考える人が多いようです。

「できない」と言えば、相手は傷つくと考えるので、できなくてもできると言う
ということを後から知りました。
「できると言って出来なければ日本人はショックを受けるので、日本人はできないことは最初からできないと言う」

という話をタイ人にしたら、とても驚かれました。

 

 

「できることでもできない」という日本人、というのが世界共通の認識だそうですが、

「できないことでもできる」というのが、どうやらタイ人のようです。

 

 

でも・・・もし反対に、

 

できると言われたことを、期待しているのにしてもらえなかったらショックを受けないのか?

と思いますよね?

 

 

ところがその点は、タイ人からすると、

相手が優しさ、親切心で「できる」と言ってくれているんだから、別にできるといった相手ができなくても気にしないらしいです。

おそらく、大手の会社のOLさんとかは、きちんとしつけられているので、責任感もそれなりに強いとは思うのですが、

RENEのような個人店で働くレベルの子は、往々にして無責任を無責任とは思わない・・・子が多い

のは事実です。

 

(でも、さすがに今のRENEのスタッフは、国家資格も持っていて、前職は厳しい病院で働いていた子達なので、責任感は非常に強く、できるといったことをやらなかったことは一度もありませんし、できないことは最初からきちんとできない理由を説明して断ります。たぶん、今のスタッフはかなり特別な子達なのだとは思いますが、今のスタッフに出会うまでは、とにかくタイ人と日本人の感覚の差に翻弄されていくこととなます)

 

そして、このワンちゃんに関しても、

できる、できる

と言っておきながら、Rさんが言ったとおり、それ以降の約束は完全にすっぽかして二度と来ることはありませんでした。

 

 

さすがにRさんは、以前の仕事でタイ人の子を20人も雇って商売をしていただけあり、タイ人の性格をよく把握していました。

 

さらにRさんが言うには、

正直、ポップにしてもまだ大学生で子供なので、考え方はとんでもなく甘いですし、嫌な事があればすぐに来なくなると思います。申し訳ないのですが、あまり期待はしないほうがいいと思います。なので、ナコさん(Natsuko)の、その凄いマッサージテクニックを教えても無駄になることも大いに考えられます。
とのことでした。

 

Rさんが、危惧していたのは・・・

Natsukoの技術が、あまりにも高度すぎるため、タイ人にはついていくのは無理だろう
ということであり、
最初にY氏からスタッフの女性の募集案内を頼まれた時も、おいおいエステシャンだった嫁が指導していくので、簡単なマッサージをやらせるので素人でも十分だと聞いていたから、本当に、素人で職を探している子に声をかえた
ということでした。
おそらく、
依頼したタイ側も依頼を受けた日本側も、Rさんが言うようなスパスタイルをイメージしていたと思うのですが、日本側でマッサージの指導としてお願いしたNatsukoの技術がこんなに高いとは誰も考えなかった
ということに大きな誤算があったのだと思います。

 

事実、Toyo自身も、同じことを感じていました。

 

昔から手先が器用だったNatsukoだから、

マッサージテクニックもかなり凄いだろうな〰

とは思っていましたが、Natsukoのテクニックは、Toyoの予想をはるかに超えた凄いものだったのです。

 

 

やはり・・・

この技術を、素人のタイ人に教えるのは難しいのかもしれない・・・

 

 

そう思っていた時、黒ガリンガルの畑から、S氏とKちゃん、そしてY氏が戻って来ました。

そして・・・・

長旅で疲れたというS氏をモデルにして、NatsukoのマッサージをS氏とKちゃんと、Y氏に披露することとなりました。

 

モデルになっていた、S氏が

このマッサージ滅茶苦茶気持ちいいよ〰。 凄いよ~

タイマッサージなんて比べものにならないよ〰

と口火を切って感想を述べましたが、横でマッサージの様子を見ていた Kちゃん と Y氏 はとても難しい顔をしています。

しばらくしてKちゃんが、笑いながら

このマッサージ、難しすぎて素人のタイ人にはできないやろ

とポツリを言いました。

その言葉を受けて、Y氏が

    こんな難しいマッサージじゃなくて、もっと簡単なマッサージをお願いしてたんですが
・・・・と、むっつり顔ですこし勘に触るような言い方をされました。

Toyoは、最初の挨拶の時から、Y氏のことを

 

態度がすごく高圧的な人だな~。ずっと、私たちを見下しているような上から目線で物を言ってくる

 

という印象を持っており、あまり好きになれなかったので、この言い方にはかちんときました。

 

 

でも、Natsukoは、

 

難しですかね~。タイ人の素人さんでもできるようになる、もっと簡単なやり方も考えることはできますよ

 

とさらりとかわしたので、Kちゃんが、

 

Natsukoさん、たぶんタイ人にはこの高度なテクニックはできないと思うので、簡単なやり方を考えてくれる

 

とY氏の間に入って、Natsukoにお願いしたので、Y氏もそれ以上は口をはさんできませんでした。

 

 

けれど、Toyoにしてみれば、親友Natsukoの凄いテクニックを、なんかY氏に馬鹿にされたような気分になりました。

 

だいたい、エステシャンだったというあんたの嫁さんが「店長としてエステサロンをやりたい」と言いだしてマッサージを嫁に教えてくれと言うから、Natsuko に忙しい中無理をお願いして来てもらったのに!!

突然、奥さんがやらないって言いだしたため、普通ならそこで「それはどういうこと?話が違うでしょ?」ってなるのを我慢してるのに

そして、あんたの嫁さんの代わりに 急遽、探して来た使い物になるかどうかもわからない素人のこの子達に、せっかくタイまで来たんだからとNatsukoは親切にマッサージを教えてくれているんだから、感謝はされても文句を言われる筋合はないわ!!

と猛烈に怒りが湧いてきました。

 

・・ということで、この時のことがきっかけで、Toyoはこの先、このY氏とことごとく対立することとなっていくのです。

 

ToyoとNatsukoの性格の違い・・・

 

だいたいこの辺りで、ToyoとNatsukoの性格がなんとなくわかって来た!!

という方もおられると思います。

 

Toyoは、性格を言葉で表現されるとき、かならず言われるのが

「一本気」

という三文字です。

 

たぶん、間違ったことは許せないタイプであり、正しいと信じたことはどんな障害があっても突き進むタイプですし、人が間違ったことをしているのも許せないタイプです。

 

反対にNatsukoは、

自分が探求するものに対して真摯に向かい合い極めて行くタイプであり、

そのことに対して人が何を言おうが関係ないという強さがあります。

 

 

なので、Y氏がNatsukoのマッサージに対して、小言のようなことを言い放った時も、

Toyoは、まずY氏の失礼な態度そのものに頭に来ましたが、Natsukoは、Y氏の失礼な態度はどうでもよくて、「素人のタイ人ができる簡単なマッサージ」というところにスイッチが入っており、すでに簡単なマッサージを頭の中で組み立て始めており、同じY氏の言葉を受けても、この時ふたりは全く違うことを考えていたのです。

 

そんなNatsukoは、追求心がとても旺盛なため、「自分が知りたいこと、疑問に感じたこと」は、はっきりと口に出して言います。

なので、時には「えっ」とびっくりされることも多く、彼女の発する言葉の意図がわからない人からは、「遠慮しないではっきりと物を言う人」と取られることもあります。

 

でも、Natsukoほど、人の好き嫌いの少ない人はおらず、感情で物事を判断したり、人の悪口を言ったりすることはまずありません。

 

こういう人って、天才肌の人には非常に多い部分ですよね〰

 

反対にToyoは、人の好き嫌いがかなり激しいです。

なので、できるだけ嫌いな人とは付き合いたくない。

好きな人達とだけつきあっていたい。

といタイプです。

 

そのことでかなり失敗をして、周りの人に迷惑をかけてきました。

 

そんな性格ゆえに、人間関係では修行を積まされていたのかもしれませんが、「人と接する」といことが、いつも一番最初に来る仕事ばかりしてきました。

 

孤独に、単独で、自由気ままに・・できる仕事というのにずっとあこがれていましたが、そういうことからは全く縁遠く、常にチームワークで物事を進める仕事に就いてきました。

 

若い頃は、そのチームワークの中でもはみだし者で、自己中心的な考え方しかできずに、かなり多くの失敗をして頭を打ちましたが、その失敗が人にはいろんな視点、考え方、生き方があることを学び、現在、こうして異国の人達の中でも働いていける柔軟性をはぐくんでくれたものだと感謝しています。

 

 

そして・・・

Natsukoが、自分の好きなことをとことん追求して極めていくのに対して、

Toyoは、とにかくそのときひらめいたことを、リスクも顧みずにとにかくやってみる。やってだめだったらやめればいいじゃん

というタイプになります。

 

二人とも、常に前を向いて進んでいるタイプではあるのですが、その中身がかなり違います。

 

 

Toyoは、この思いついたらすぐに実行に移すというスタイルを貫いてきたことで、

 

警察時代には捜査で犯人をあげることができたり、

新しい分野の仕事を開拓したり、

住民と協力してネットワークを構築したり、

荒廃した神社の復興をしたり・・・

 

と結構、チャレンジしたことを成功させることがきました。

 

Toyoは、欠点の多い自分の性格の中で、このことだけが唯一、誰にも負けない長所だと思っていました。そして、この唯一の長所に共感してくれる人がかならず回りに現れてくれ、その人達と力を合わせて成し遂げることができてきました。

なので、とても人に恵まれてきたのです。

 

けれど、その分失敗も多かったToyoは、自分とは全く違うタイプの Natsukoと仕事をするようになって、

今までは何をするにもバックに警察という大きな信頼のおける組織があったけれど、今の自分には信用してもらえる、そして支えてくれる基盤は何もない。自分にしっかりとした知識やスキルを持たないと、誰からも相手にされないし、生き延びることはできない

 と感じるようになっていました。

この時は、まだそこまで考えることができませんでしたが、この先、整体や頭蓋仙骨療法の知識と技術を身に付けていく Natsuko を見ていて、その必要性を強く感じていくことになるのです。

 

でも、でも・・・・ この時のToyoからすれば

 

どうも好きになれないY氏がやろうとしているスパ

私は、知ったこっちゃない!!

 

といった思いの方が強く、Natsuko の方が真剣に、スパのことを考えて取り組んでいてくたのです。

 

RENEスパの開店準備は順調に進んでおります・・・But・・・・元警察官コンビのスパ経営物語 第10話
ご訪問ありがとうございます。さて、バンコクでエステサロン開業に向けてのスタッフの指導のために、ToyoとNatsukoは、3日間の滞在予定でバンコクに来ておりましたが、「タイに来る前に聞いていた話とは展開が大きく変わってしまい、果たして...

 

 トヨの健康お勧め本

世界のエグゼクティブを変えた超一流の食事術 / アイザック・h.ジョーンズ 【本】

価格:1,430円
(2021/3/16 14:22時点)
感想(0件)

お店のご紹介 元女性刑事コンビがスパ経営物語
バンコク リンパマッサージ&理学整体スパ RENE
小顔&リフトアップマッサージ、リンパ痩身、理学整体、内臓整体、頭蓋仙骨療法、頭蓋マッサージ、チベット式足裏温灸マッサージ等「美と健康」をテーマにしたオリジナル施術をご提供する日系スパです。スタッフはタイの国家資格を持つ女性理学療法士です。
この記事を書いた人
「バンコクリンパマッサージ&理学整体スパ RENE」店長 Toyo

元奈良県警の女性刑事から転職した変わり種セラピスト(大阪出身奈良県在住、現在バンコク在住)

20年間強行班係(殺人・強盗・強姦等の凶悪犯罪を取り扱う係)の刑事として仕事をしてきたため、検視や解剖業務に携わることが多く、人体や健康に非常に興味を持ち解剖学や生理学等の勉強に励み、健康管理士や心理カウンセラーの資格も取得しました。

その後、友人や同僚等、家族などを相次いで癌や心筋梗塞等で亡くしたことをきっかけに、健康関連の仕事をしたいと考えるようになりました。そして、友人が健康食品&化粧品製造会社であるRENE(レーネ)を起業する際にスカウトされて転職を決意しました。

タイにはサプリメントや化粧品の原料となる「山の神様の贈り物」と呼ばれる黒ガリンガルを買い付けるためにやってきましたが、本格的に黒ガリンガルの輸入を開始するためタイで会社を設立することとなり、その際、会社の事務所と併設したリンパマッサージスパを開店しました。

しかし最初はタイ語ができないこともあり、タイ人スタッフに翻弄さる日々が続き、騙されたり、お金を盗まれたり、お客さんが来ない日が続いたり…と、ハチャメチャなスパ経営を行っておりましたが、1年後にはタイで有名なホリスティック医療センターのオーナーに、取得している資格や知識、リンパセラピストとしての技術が認められ、同センターに招かれることとなりました。そこで日本式のリンパマッサージの技術指導に当たるとともに、世界最先端のホリスティック医療や理学整体を学びました。

現在は再びRENEスパに戻り、ホリスティック医療センターで学んだ知識を活かして、国家資格を持つ理学療法士達と共に、リンパマッサージと理学整体をメインとした数々のオリジナル施術を考案し、「美と健康」をテーマとした施術をみなさまにご提供しております。

スパを経営するまでの詳しい経緯はこちら

RENEブログをフォローする
RENEブログをフォローする
バンコクのリンパマッサージ&理学整体スパ・RENE(レーネ)のブログ
タイトルとURLをコピーしました