この場所でスパを開業するの? 元警察官コンビがバンコクで出会ったピンクの物件 第7話

お店のご紹介
この記事は約9分で読めます。

今回は、なぜ、ホワイクアンというほとんど日本人がいない場所でスパを開業することになったのか?

現在のRENEスパとなる建物との出会いと、お店の経営体制の急展開について書いて行きたいと思います。

 

前回の話と、今回の話に登場してくるRさんの紹介にについてはこちらの記事をご覧ください

バンコクで出会った元警察官コンビの頼もしい相棒を紹介します!第6話
元女性刑事コンビがバンコクでスパ経営物語の第6話は、その後の二人の頼もしい相棒となるバンコクでの新しい出会いについてご紹介したいと思います。 さて、前回は、ToyoとNatsukoがタイに来ることになった経緯をご紹介しました。 ...

 

バンコクRENEスパとなる物件との出会い

 

下の写真は、現在のバンコクRENEスパです。

今でも、お客様から

 お店はとても可愛いのですが、なぜこんな場所でスパをやろうと思ったのですか?

という質問を頻繁に受けます。

 

RENEスパの物件は、Rさんが探してきました。

この物件を見つけたばかりの時の写真が下になります。

 

外壁の色は、見つけた時も同じピンクなのですが、以前はタイマッサージ店だったようです。

 

場所は、バンコクの日本人が居住する「トンロー、プロンポン、エカマエ地区」からは、30分程離れた場所にある「ディンデーン・ラチャダ」というエリアにありました。

 

Rさんがなぜ、このディンデーン・ラチャダ地区で物件を探したのかといいますと・・・

① Yさんのタイ人の奥さんがマネージャーをする予定なので、ターゲット客は日本人ではなくタイ人になる。

② この物件のすぐ裏に「ホーガンカー大学」という、私立のお金持ちのお坊ちゃん、お嬢ちゃんが通う大学があり、この大学の女子大生をターゲットにしようと考えている

という2つの理由からでした。

 

そして・・・前回の続きから話ますと、トヨ達が初めてタイに来て、ホテルでお会いした Y氏 と Rさんから案内されたのが、このピンクの物件でした。

 

私達がこの物件がある場所に案内された時、時間帯は午後4時頃だったので、周囲には帰宅途中の大学生で溢れかえっており、また物件の前の道は抜け道になるため非常に交通量が多く、すごく活気があり賑わっている場所であることがわかりました。

 

この状況を見て、S氏が

S氏 : この場所いいね~。おもしろいね~。
 と一目で気に入ってしまったのです。

さらに、このピンクの物件の中を見せてもらった時には

S氏 : この壁をもっと薄いピンクに塗り替えて、窓は全部透明のカーテンにしたらずいぶん感じが変わるよ!
 とリフォーム案を、次々に話し始めたのです。

というのも、S氏 はもともと「インテリア」の会社をされていたのです。

この時はもうすでに引退してされておりましたが、数年前まで東京の青山に輸入家具とインテリアの会社を構え、東京ディズニーランドのインテリア等も手がけた人だったのです。

 

 

このS氏 の興奮ぶりに、Y氏 も Rさんもとても驚いておりましたが、もっと驚いたのは突然S氏が

S氏 : この店には、俺が投資する。  俺がやる!
 と突然言い出したのです。

 

そして・・・

すぐに大家さんを呼んで、あっという間に賃貸契約を交わし、前金もS氏 が即金で支払うという急展開で事が進んでしまったのです。

 

そして・・・なんと、もうその日のうちにリフォーム業者を呼んで、リフォーム案を伝え見積もりを出してもらうことになりました。

 

なんとも早いS氏の動きに、この場にいた全員が唖然とさせられました。

 

最初は、RENEスパには一切無関係だったToyo

 

そんなことから、最初のY氏の奥さんがお店を開業するという話から180度展開が変り、S氏がビジネスパートナーとして加わる・・・というより、Y氏 は S氏に雇われるという形になってしまったのです。

Y氏は、最初からS氏に投資してもらうつもりでいたようですが、S氏がオーナーになるとは思っておらず、あくまでも自分がオーナーで経営していくつもりでいたようです。 

 

 Y氏 : ちゃんと給料をいただけるなら、雇われオーナーでもいいですよ。
・・・と、自分の思い通りにできなくなってしまったY氏は、言葉の端々に不満が出ておりましたが、前金でどんどん支払いを済ましていくS氏に面と向かって文句を言うことはできませんでした。

そして、すぐにリフォーム業者も決まり、カーテン等もオーダーし・・・と、バンコクに来た初日に、とんとん拍子でスパ経営に向かって進みだしたのです。

 

 

ところが・・・

最初に、スパをやりたいと言ってた、その肝心の Y氏の奥さんの姿がどこにもありません。

普通、自分が店長をしようとしていた店なら、物件を決める時に来ないというのはおかしな話です。

 

それで、ToyoがY氏に

 

Toyo : 奥さんは来られないのですか?

 

と尋ねたのですが・・・・・どうもモニョニョとした返事しか返って来ません。

 

Toyo ; 奥さんとスタッフの子に、マッサージを教える予定で、日本から先生に来てもらったんですが・・・

 

と言っても

 

Y氏 ; 先にスタッフの子を指導してくれ。嫁は今忙しくてバンコクには来れない
という返事しか返って来ません。

結局・・・・・

翌日には、S氏がオーナーになることが決まったため、奥さんは機嫌を損ねたようで

 

 Y氏 : 嫁はもうやりたくないと言っている。嫁の代わりに自分が店に出てタイ人の女の子達を使って、店を営業していく
という返事をもらうことになり、奥さんに変って Y氏自身が 管理だけではなく営業もすると言い出されたのです。

これには、S氏 が難色を示しました。

 S氏 : 俺はずっとタイにはいないから、もちろんY氏には責任者としてお店の管理はしてもらわないといけないけど、店に出てお客さんの相手をするのはまずいんじゃない?
ということになりました。
なぜかと言うと・・・

Y氏の見た目が、とてもスパやエステサロンの店長タイプではなく、いわゆる農家の年配のおじさんであり、さらに、いつもとても険しい難しい表情をされているので、タイ人スタッフやターゲットにする女子大生達が怖がるだろうという理由でした。

 

さらに、Y氏は奥さんが日本語を喋られるのでタイ語が全くできず、タイ語での接客ができないと話にならないと考えたからです。

 

それで、S氏は突然、そばにいたRさんに

 

R君が店長をしなさいよ。

悪いけど・・・、Yさんは年も取ってるし、顔が怖いからお店に出ると、お客さんが怖がって来ないよ

Yさんは、責任者として経理を担当したらどう?

と言い出したのです。
Y氏は、もともと美容業界で働いていた人らしく、この提案はさずがにプライドを傷つけられたみたいで、かなり気分を害しておりましたが、やはり店長は

タイ語が喋れて、

スタッフのタイ人を指導でき、

お客さんにはタイ語で冗談も言える

Rさんが適任でした。

 

 

けれど・・

最初の立ち上げのお手伝いをするだけと考えていたRさんは、自分の意志とは裏腹にあれよあれよと急展開で流れが変わっていくことに戸惑いを隠せませんでした。

 

そんなことから・・・

バンコクRENEスパの始まりは・・・

S氏がスパを経営し、Y氏を雇用するという形で、スタートすることになってしまいました。

 

しかし・・・

ToyoとNatsukの目から見ると

どうも、S氏とY氏の2人の関係はうまくいくようには思えない・・・

という予感がしました。

 

 

そしてこの後、ToyoがバンコクRENEスパを経営するようになるまでには、まだまだ紆余曲折があり、ずっと先のことになるのです。

 

現在RENEスパは、スパ業務の他に黒ガリンガルの買い付けと輸出業務も展開することになったため、タイで会社を設立して、この当初メンバーではなく、Rさんが会社の社長兼お店のオーナーとなり、Toyoがパートナーとなり共同で経営しております。

始まりはこんな感じで、Toyoにはなんの関係もない状態でスタートしたのです。

 

なので・・・・、この急展開の話も、Toyoは「自分には関係のないこと」と考え、全く他人事にしか考えていなかったのです。

その結果、この先、とんでもなく大変で辛い経験をすることになっていくのです。

 

 

可愛らしいタイ人スタッフとの顔合わせとマッサージ指導のスタート 第8話
ご訪問ありがとうございます。 現在、バンコク RENEスパの店長である私「Toyo」が、長年勤めた警察を辞めて、警察時代の同期生であったナツコこと頭蓋仙骨療法の先生であるナコ先生に助けられながら、バンコクでスパを経営するようになった経...



スーツケース キャリーケース キャリーバッグ トランクケース 旅行カバン 旅行かばん ハードケース 超軽量 軽量 丈夫大容量TSA搭載 lサイズ 大型 7泊~14日用に最適 ファスナー開閉ジッパー ストッパー付き おしゃれ かわいい REMRACE【送料無料・保証付】

価格:10,332円
(2021/3/9 18:08時点)
感想(22件)

スーツケース 機内持込キャビンサイズ 小型 Sサイズ HeM ヘム リム HeM×TopOpen トップオープン キャリーケース 旅行かばん【送料無料/1年保証】

価格:15,800円
(2021/3/9 18:09時点)
感想(0件)

 

お店のご紹介 元女性刑事コンビがスパ経営物語
バンコク リンパマッサージ&理学整体スパ RENE
小顔&リフトアップマッサージ、リンパ痩身、理学整体、内臓整体、頭蓋仙骨療法、頭蓋マッサージ、チベット式足裏温灸マッサージ等「美と健康」をテーマにしたオリジナル施術をご提供する日系スパです。スタッフはタイの国家資格を持つ女性理学療法士です。
この記事を書いた人
「バンコクリンパマッサージ&理学整体スパ RENE」店長 Toyo

元奈良県警の女性刑事から転職した変わり種セラピスト(大阪出身奈良県在住、現在バンコク在住)

20年間強行班係(殺人・強盗・強姦等の凶悪犯罪を取り扱う係)の刑事として仕事をしてきたため、検視や解剖業務に携わることが多く、人体や健康に非常に興味を持ち解剖学や生理学等の勉強に励み、健康管理士や心理カウンセラーの資格も取得しました。

その後、友人や同僚等、家族などを相次いで癌や心筋梗塞等で亡くしたことをきっかけに、健康関連の仕事をしたいと考えるようになりました。そして、友人が健康食品&化粧品製造会社であるRENE(レーネ)を起業する際にスカウトされて転職を決意しました。

タイにはサプリメントや化粧品の原料となる「山の神様の贈り物」と呼ばれる黒ガリンガルを買い付けるためにやってきましたが、本格的に黒ガリンガルの輸入を開始するためタイで会社を設立することとなり、その際、会社の事務所と併設したリンパマッサージスパを開店しました。

しかし最初はタイ語ができないこともあり、タイ人スタッフに翻弄さる日々が続き、騙されたり、お金を盗まれたり、お客さんが来ない日が続いたり…と、ハチャメチャなスパ経営を行っておりましたが、1年後にはタイで有名なホリスティック医療センターのオーナーに、取得している資格や知識、リンパセラピストとしての技術が認められ、同センターに招かれることとなりました。そこで日本式のリンパマッサージの技術指導に当たるとともに、世界最先端のホリスティック医療や理学整体を学びました。

現在は再びRENEスパに戻り、ホリスティック医療センターで学んだ知識を活かして、国家資格を持つ理学療法士達と共に、リンパマッサージと理学整体をメインとした数々のオリジナル施術を考案し、「美と健康」をテーマとした施術をみなさまにご提供しております。

スパを経営するまでの詳しい経緯はこちら

RENEブログをフォローする
RENEブログをフォローする
バンコクのリンパマッサージ&理学整体スパ・RENE(レーネ)のブログ
タイトルとURLをコピーしました