ホーム RENEに関して サービス 施術料金 お客様の声 ご連絡先
HOME ABOUT RENE SERVICE PRICE VOICE CONTACT

 

植物生体水の驚くべき効能について、連載でご紹介しておりますが、今回は植物生体水の最後の効能である

お肌のPH・電位バランスを整える

についてご紹介したいと思います。

 

生体水のPHはお肌に良いとされている弱酸性です。

さらに粒子が非常に細かく、マイナスイオンの表面電位を帯びているため、お肌の電位バランスを整えてくれる効能があります。

 

といっても、

PHが弱酸性だとどうしていいのか?

電位バランスが整うとなぜいいの?

と・・・・もうひとつ良くわからない効能ですよね。

 

そんなことから、まず

PHとは何か?

電位バランスとは何か?

について、ご説明していきたいと思います。

 

PHバランスって何?

 

  

PHバランスというのは、水素イオン濃度指数のことを言います。

PHが少ないと賛成に傾き、大きいとアルカリ性に傾いていることになります。

 

 

 

健康な肌の表面のPHバランス(水素イオン濃度)は、弱酸性に保たれています。

このバランスが乱れると、乾燥やニキビなどのトラブルの原因となるのです。

肌を健やかに保つためには、PHバランスを整えることが大切です。

 

肌の一番外側にある、わずか0.02mmの角質層の外側には、天然の汗と皮脂が混ざり合ってできる保護膜があります。

 

そもそも、肌は汗と皮脂が絶妙なバランスで混ざり合って、この「皮脂膜」と言われる保護膜で覆われているのです。

 

この保護膜は、

水分の蒸発を防いだり

外側からの刺激や異物が侵入するのを防いだり

する働きを持っています。

 

この機能が「バリア機能」です。

 

そして・・・

この肌の表面の保護膜は、なんと、PHバランスを「弱酸性」に保つことで強化されるんです!!

 

どうやって強化するかといいますと・・・

PHバランスを弱酸性に保つことにより、常に肌に留まっている「常在菌」の中の善玉菌の働きを活発な状態にし、悪玉菌の繁殖を防ぐ環境を作るのです。

つまり、バリア機能が弱酸性だと、肌トラブルの素になる有害菌が住みにくくなるというわけなんです。

まるで腸内環境と同じしくみですよね。

 

もしPH値がアルカリ性に傾いてしまうと、有害である悪玉菌が繁殖して、肌のトラブルと作ってしまう環境となってしまうのです。

 

アルカリ性に傾く原因としては、肌のバリア機能が大きく関係しています。

 

バリア機能は、角質層の中にある天然の保湿成分NMFや、水分を保っている細胞間脂質が減少することで低下してしまいます。

 

バリア機能が低下すると、肌本来が持っているアルカリ性を中和して弱酸性に保つ作用が弱まり、PH値をアルカリ性に傾けてしまうことになるのです。

 

そんなことから、お肌のバリア機能を強化することは美肌を保つ上で非常に大切であり、そのバリア機能の強化のためには常にお肌を弱酸性に保つ必要があるわけなのです。

 

つまり・・・

弱酸性の化粧水を使用することが、とても大切になってきます。

 

バリア機能を低下させる原因を並べてみますと

  • 間違った洗顔
  • ストレス
  • 紫外線
  • 肌の摩擦
  • 不規則な食生活
  • 睡眠不足

などがあります。

どれも、身に覚えがあるよなことばかりですよね〰

 

これらの項目に思い当たる人は、規則正しい生活と栄養バランスのとれた食事、肌に刺激を与えないスキンケア作りに気をつかって、バリア機能を高めてみてください。

美肌を手に入れるには、肌本来の守る力を高めて、トラブルを寄せ付けないことがとても大切になってきます。

 

 

電位バランスって何?

 

次に美肌のために気をつけていただきたのが、お肌の電位バランスです。

 

お肌にの表面には「プラス電位」「マイナス電位」がバランスよく存在しています。

 

 

「マイナス電位」というのは「還元」という作用で身体の錆を取り除いてくれる物質のことです。

つまり老化を防止する物質ということなります。

 

一方、「プラス電位」とは、身体を酸化させて、錆びつかせる物質のことを言います。

つまり老化を促進する物質になります。

 

健康な人の肌は、プラスとマイナスの電位が綺麗に並んだ状態にあります。

体内側がマイナス電位で、皮膚表面にプラス電位を帯びているのです。

そして、皮膚と挟んでこのプラス電位とマイナス電位が引っ張り合ってバランスを保っています。

 

ところが、日焼けなどえ角質層のバリアが傷つくと、電位が乱れて肌がプラスに傾いてしまいます。

すると、活性酸素が増えて、プラス電位が増えることになり、肌年齢もどんどん加速してしまうことになるのです。

 

植物生体水は、マイナスの表面電位を帯びているため、お肌に塗布することで、不安定になりがちなお肌の電位バランスを整えることができるのです。

 

♡♡ 植物生体水関連記事

作者プロフィール

ブログ作成者 元奈良県警の女性刑事から転職した変わり種セラピスト

「RENE BEAUTY & HEALTH」店長 Toyo

(大阪出身奈良県在住、現在はバンコク在住)

ブログ作者であるRENE店長Toyoは、元奈良県警の警察官であり、20年間強行班係(殺人・強盗・強姦等の凶悪犯罪を取り扱う係)の刑事として仕事をしてきたため、検視や解剖業務に携わることが多く、人体や健康に非常に興味を持ち解剖学や生理学等の勉強に励み、健康管理士や心理カウンセラーの資格も取得しました。

その後、友人や同僚等、家族などを相次いで癌や心筋梗塞等で亡くしたことをきっかけに、健康関連の仕事をしたいと考えるようになりました。そして、友人が健康食品&化粧品製造会社であるRENE(レーネ)を企業する際にスカウトされて転職を決意しました。

タイには、サプリメントや化粧品の原料となる「山の神様の贈り物」と呼ばれる黒ガリンガルを買い付けるためにやってきましたが、本格的に黒ガリンガルの輸入を開始するためタイで会社を設立することとなり、その際、会社の事務所と併設したリンパマッサージスパを開店しました。

しかし、最初はタイ語ができないこともあり、タイ人スタッフに翻弄さる日々が続き、騙されたり、お金を盗まれたり、お客さんが来ない日が続いたり・・と、ハチャメチャなスパ経営を行っておりましたが、1年後には、タイで有名なホリスティック医療センターのオーナーに、取得している資格や知識、リンパセラピストとしての技術が認められ、同センターに招かれることとなりました。そこで日本式のリンパマッサージの技術指導に当たるとともに、世界最先端のホリスティック医療や理学整体を学びました。

現在は、再びRENEスパに戻り、ホリスティック医療センターで学んだ知識を活かして、国家資格を持つ理学療法士達と共に、リンパマッサージと理学整体をメインとした数々のオリジナル施術を考案し、「美と健康」をテーマとした施術をみなさまにご提供しております。

スパを経営するまでの詳しい経緯はこちらのブログでご紹介しています。

元女性刑事がスパの店長?  リンパ&理学整体スパRENE inバンコク

経営経験ゼロのRENE店長Toyoが、とても甘い考えでタイでスパを始めた結果・・・とんでもない日々が待っていました。苦しんでもがいた日々を愛犬サクラに支えてもらいながらなんとかやって来た奮闘記をブログに綴っております!!

お店のご紹介

RENE  JAPAN  BEAUTY & HEALTH

       〰リンパ&理学整体スパ〰

(小顔&リフトアップマッサージ、リンパ痩身、理学整体、内臓整体、頭蓋仙骨療法、頭蓋マッサージ、チベット式足裏温灸マッサージ等「美と健康」をテーマにしたオリジナル施術をご提供する日系スパです。スタッフはタイの国家資格を持つ女性理学療法士です。)

ガーベラ  メインHP https://renethailand.com/  サブHP(メニュー等の詳細情報はこちらから) http://rene-thailand.net/

ガーベラ  営業時間 11:00〰20:00 最終受付 19:00 定休日(月)、ソンクラン期間中、正月1,2,3日

ガーベラ  住所 102/14 Soi University of Thai Chamber of Commer.Dingdaeng.Bangkok アクセス

ガーベラ  電話 09-5964-8484(日本語で対応可。タイ人スタッフがでた場合は日本語で「もしもし」と言っていただければ日本人に変ります。)

ガーベラ  Facebook  Rene Thailand (日本人ファンページ)または Rene seitaisui(タイ人ファンページ)

ガーベラ  Insutagram  rene_thailand

ガーベラ  Twitte r @rene_Japan

ガーベラ  LineID  rene8484

(ご予約はラインからが便利です。初めてのお客様はお店の位置情報等も送らせていただきます。日本語でご連絡ください。日本人スタッフが施術中はお返事が遅くなる場合がありますのでご了承ください。)

 

♡ プロモ―ション中のメニュー

肩こり、腰痛、肌あれを治したい!痩身、美顔をしたい方は、是非ご来店を!

タイで1番のサービスを提供!お客様の好感度、評価も業界ナンバー1.どこに行っても治らなかったというお客様には是非!!